くすぐり作文晒し場

カワイイ女の子の靴下脱がしーの足の裏をコチョコチョしちゃう系小説投稿ブログ! 本番行為は一切無しなので、健全な18歳児でも安心してお楽しみいただけます!

戦犯たちの末路 ♯6

○チャプター6:『おまけ』


 薄暗い部屋。
 日本戦車同連盟審判員の制服を着た3人が、横一列に並べられた台の上でそれぞれ、大の字仰向けに拘束されている。
 第63回戦車道全国高校生大会、主審の篠川香音(ささがわかのん)、副審の高島レミ(たかしまレミ)と、稲富ひびき(いなとみひびき)である。

 3人とも、腋から足の裏まで全身を余すところ無く、マジックハンドでくすぐられている。

篠川
「あぁぁぁ~~っはっはっはっは、やめてぇぇぇ~~!!!」

高島
「きゃはははははは!!! 嫌ぁぁあぁ~~っはっはっはっはは!!!」

稲富
「ひにゃあぁぁああははははは!!! いぃぃ~~ひひひひひひ!!」

 白タイツはところどころ破かれて、素足を直にくすぐられているものもいる。
 手や足をくねくねと左右によじって笑い悶える3人。

――勝敗を宣言したのはあなた達ですからね。同罪ってことでいいですか?

篠川
「はぁぁあっはっはっは!!? 意味がわかっりゃましゃんぅぅ~~っひっひっひっひ~~!!」

高島
「やだぁあぁぁっははははは!!! やめてぇぇ~~~うひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!!」

稲富
「あひゃひひひっひひひっひっひ!!! 助けてぇぇぇえっへっへっへっへ!!!」


(完)


♯0 ♯1 ♯2 ♯3 ♯4 ♯5 ♯6


戦犯たちの末路 ♯5

○チャプター5:『黒森峰女学園の戦犯』


 薄暗い部屋。
 黒森峰女学園の試合用制服を着たまほが、手術台の上に仰向けに寝かされている。
 両腕、両脚をピンとまっすぐIの字に引き伸ばして拘束されている。

 
 合計20本の手袋をはめた手が、まほの体中をくすぐっている。

まほ
「ぎぃぃぃ~~~ひひひひひひひひひひひひひっ!!!!? ぐひひひひひひひ、ひっひっひっひっひっひっひ~~!!!」

 首、腋の下、アバラ、脇腹、お腹、内股、腿、膝、足の裏など全身に、それぞれ人差し指で計20本の指の突き立てられ、まほは歯を食いしばりながらも顔を真っ赤にして笑っている。

――非常に残念でした。「西住流の名に懸けて」負けてしまいましたね。いくら格好良くても、負けは負け。強化選手としての責任は重いですよ?

まほ
「ひぎっひっひっひっひっひ!!! いぃひひひひ、ふがっ、ひい~~ひひひひひひひひひ!!」

 むき出しになったまほの白い腿。
 手術台の下に、まほのブーツが置かれ、左右のブーツそれぞれの中に、まほの脱がされた靴下が詰め込まれている。
 くりくりと人差し指で、各部位を集中的にくすぐられるまほは、びくびくと体を痙攣させるように震わせる。目には大粒の涙がたまっている。

まほ
「ぃぃ~~ひひひっひひひひひひひ!!!! あひゃっひっひっひっひ~~!!!」

 土踏まずのちょうど真ん中をこそこそと指一本でいじられ、まほの足の指は激しく動いている。

――西住流は、戦車道は、今後いったいどうなっていくのでしょうか? 笑いながらでいいので、しっかりと今後の方針をご検討願いますよ?

 まほの全身をくすぐる人差し指は、一定の速度とリズムを保ったまま、無慈悲に、機械的に動き続ける。

まほ
「ひっひっひ、ふひゃっ!!!? ひぎぃぃひひひひひひひ、ひぎゃぁあ~~はひっはひっはひぃぃ~~!!!」


『戦犯たちの末路』


♯0 ♯1 ♯2 ♯3 ♯4 ♯5 ♯6

戦犯たちの末路 ♯4

○チャプター4:『プラウダ高校の戦犯』


 薄暗い部屋。
 プラウダ高校の試合用制服を着たカチューシャが、特大のぶら下がり健康器に両手首を縛り付けられ、宙づりにされている。
 かなりの高さがあり、体は重力に従って万歳に引き伸ばされている。両足とも素足にされており、床にはブーツと脱がされた靴下が乱雑に放られている。

 
 横から2本の手袋をはめた手に腋の下を、下から複数の羽箒に脚や足の裏をくすぐられ、カチューシャは八重歯をむき出しにして激しく笑っている。

カチューシャ
「にゃははははははははっ!!!? ひやぁあぁ~~っはっはっはっはっはっはっはっは!!!」

 カチューシャはじたばたと宙を蹴ってもがくが、太ももから足の裏までをまんべんなく覆う羽箒は、その体に吸い付くように追いかけ回している。

――小さな暴君はぶら下がり健康器をご愛用とのことで、このような趣向にさせていただきました。

カチューシャ
「うにゃあぁぁっはっはっは、は、おろしてぇぇ~~っひゃっひゃっひゃ!!!」

 むき出しになったカチューシャの白い腿に大量の羽が這い回っている。

カチューシャ
「にぃぃ~~ひひひっひひひひひひひ!!!! あにゃぁぁああははっはっはっっはっはは~~!!!」

 ピンとまっすぐ引っ張り伸ばされた腋の下を、それぞれ5本の指でこちょこちょとくすぐられ、体を左右に何度もねじりながら笑い悶えるカチューシャ。

カチューシャ
「きにゃ~~っはっはっはっは、あぁあぁははは~~あははははは!!! もふっ、もぅやぁぁぁあ~~~っひゃっはっはっはっはっは!!!」

――プラウダは今回、圧倒的な戦力差をものにできませんでしたね。完全に、隊長の統率力と判断力の差による敗北。地吹雪のカチューシャから木枯らしのカチューシャに二つ名を変えられては? しっかり笑って罪を償ってください。

 カチューシャの足元からさらに2本腕が伸びてきて、カチューシャの足首が掴まれる。
 羽箒がここぞとばかりにカチューシャの足の裏に襲い掛かる。

カチューシャ
「はにゃぁあぁっはっはっははっはは!!? ひゃぁぁあ~~っはっはっはっははっはっはは~~!」


♯0 ♯1 ♯2 ♯3 ♯4 ♯5 ♯6

累計PV数
メールフォーム

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ