くすぐり作文晒し場

カワイイ女の子の靴下脱がしーの足の裏をコチョコチョしちゃう系小説投稿ブログ! 本番行為は一切無しなので、健全な18歳児でも安心してお楽しみいただけます!

ハルカをくすぐりメカで拷問

「ミクリカップのエントリーはもうしたのか?」
「ええ! ミクリカップにはずっと出たかったもの! 今回はシンオウって聞いて、絶対エントリーしなきゃって思ったの!」
 リッシポート波止場にて、そんな会話を交わすサトシ一行。
 どうやら、リッシ湖畔にて開催されるミクリカップに出場するために、ハルカがシンオウ地方に到着したところのようだ。ハルカはオレンジのノースリーブにグリーンのバンダナを身につけており、AG時代とはずいぶんと印象が違っている。

 ロケット団の三人は、彼らの様子を高台から眺めていた。
「懐かしのジャリガールじゃないか」
「まさかあいつもミクリカップにエントリー……」
「強敵が増えるにゃ」
 コジロウ、ムサシ、ニャースは口々に漏らす。
 ミクリカップにはムサシもエントリーする予定だ。
 このところ成績の振るわないムサシにとっては、強敵がひとり増えるのも大打撃に感じられた。
「なんとしてでも、あいつのエントリーを阻止しなきゃならないね」

~~~

「あなたたち、またこんな悪さして! 全然変わってないのね!」
 ハルカは叫んだ。
 彼女の背後には赤い寸胴ボディのメカが立ち、側面から生え出た四本の腕で、彼女の四肢を掴み拘束している。
 ロケット団は、ハルカがトイレに立つためにサトシら一行とはぐれたところを見計らい、彼女を捕らえ拉致監禁したのだ。
「いい気なもんだね、ジャリガール。私たちの要求はひとつ。ミクリカップのエントリーを辞退しなさい」
 ムサシは、身動きの取れないハルカの顎をくいと持ち上げながら言った。
「ふざけないで! せっかくシンオウまで来て、サトシ達にも会えたのに、こんなところで邪魔されてたまるもんですか!」
 ハルカがキッとムサシをにらむ。
「おやおや、威勢がいいじゃないか」
 するとムサシはため息をついて、
「……なら、ニャース! やっておしまい!」
「ポチッとにゃ」
 ニャースがリモコンのボタンを押すと、ハルカを捕らえたメカの側面から、さらに四本、腕が生え出る。
 ハルカは、機械音と、不気味なマジックハンドに、不安そうに頬を引きつらせる。
「……え? な、なにするつもりなの?」
「こうするつもりにゃ」
 ニャースがさらにボタンを押す。
「やばいかも……」
 ハルカの言葉通りだった。
 両側二本のマジックハンドがハルカのノースリーブでガラ空きになった腋の下を、下部二本のマジックハンドがハルカの脇腹を、突如くすぐりはじめた。

「きゃっ……!!? あはっ、……あはははははははっ!!? や、だっ!! あはっはっはっはっはっはっはっは~~!!」

 ハルカは大きく空いた腋の下を直にくすぐられ、大笑いしてしまう。

「やめっ、なっ、なにこれぇぇ~~~~!!? くすぐたいぃいぃ~~っはっはっはっはっはっはっははっは!!!!」

 四肢を拘束されて動けないハルカ。
 体を必死によじり、マジックハンドから免れようとするが、無駄である。
 マジックハンドがこちょこちょと腋の下、脇腹をくすぐり、ハルカは目に涙を浮かべ眉をへの字にして大笑いしている。

「おやおや、そんな腋丸出しの服着てる割に、ずいぶんと腋の下が弱いようじゃないか」

「うぐひひひひぃひひひひっ!!? うるさいぃっ!!! あひぃぃ~~!!? ……ぷぐぐぐははっはっはっはっはっははっは~~!!!」

 我慢しようとしてもすぐに吹きだしてしまう。
 ハルカはマジックハンドの指の動きに翻弄された。

「さあ、ジャリガール、腹で茶が沸く前に降参しておしまい!」
 ムサシはせせら笑った。

「だれがっ……っはっはっはっはっはは!!!! あなたたちの言いなりなんてぇぇ~~あぁぁ~~っはっはっはっはっはっははっは~~!!!」

 ハルカは激しく首を振って抵抗した。

「強情な……っ! ニャース!」
 ムサシが歯ぎしりをしてニャースへ指示を出すと、ニャースは再度ボタンを押した。
 すると、今度は最下部でハルカの両足を掴んでいた二本のマジックハンドが上部へ稼働しはじめる。

「嫌ぁぁあっはっはっはっは!!? なにぃぃ~~、なにぃいいひっひっひっひっひ~~!!!?」

 左足を強制的にくの字に曲げさせられたハルカは、スニーカーを脱がし取られた。
 そして、紺色のソックスを穿いた足の裏を、マジックハンドの人差し指でくりくりとくすぐられる。

「きゃはぁあぁっはっははっはっははは~~!!! やめぇぇえいぃぃひひひひひいひひひひひひひひ!!!」

 腋、脇腹、足の裏、と敏感な部位を一斉にくすぐられ、狂乱するハルカ。
 体が弓なりに伸びたり、よじれたりして、その刺激のきつさを物語る。

「さあ、まだ意地を張る気かい? あっちじゃ『舞姫』だのなんだの言われてるようだけど、ファンはこんな『舞姫』の無様な姿を見てどう思うかねえ?」

「あぁはっははっはははっははっははははっは、こんなっ、卑怯ものぉおぉお~~!! こんなことで屈して、ひぃぃ~~っひっひっひ、たまるもんですかっ!!!」

 ハルカは大口を開け、涙を流し、鼻水を垂らして笑いながらも、抵抗の意志を見せた。

「こやつ、なかなかやるにゃ……」
 ニャースがやや感心するような声を漏らした。
 するとムサシは歯がみし、ニャースからリモコンを奪い取った。
「聞き分けのないジャリガールにはっ!」
 ムサシはさらにメカのくすぐりを強めようとボタンを押した。

「……いいぃぃぃっ!!? あははははははっはっ!!? だめぇあぁぁあぁあぁぁ~~~!!!」

 ハルカの上半身をくすぐっていたマジックハンドは、途端に指を高速に蠢かし始め。
 ハルカの足元では、マジックハンドが、ソックスを無理矢理引っ張り脱がし、素足にした足の裏をガリガリと掻きむしり始める。

「くあぁぁあはははははははははは!!? ひぃぃぃ~~~ひひひひひひっひ、くるぢぃぃいっひひいっひっひっひっっひっっひ、たすけでぇぇっへっへっへへっへっへっへっへ~~!!!」

 ハルカは首を上下にガクガクと激しく振り回して笑い狂う。
 万歳に引き伸ばされた腋の素肌はひくひくと痙攣するように震え、足指もくすぐったそうにくねくねとよじれている。
 涙と鼻水と涎で、顔はぐしゃぐしゃ、特徴的な髪型もくずれ、髪の毛が頬やおでこに張り付いてる。

「ミクリカップのエントリーを辞退しなさい!」

「嫌だぁぁああっはっはっはひゃはっはっはっはっはっはははっは~~ぐえ゛ぇ゛ぇ~~~~ぎぃひいぃいぃ!!!」

 ハルカは決してロケット団に屈しようとはしなかった。
 サトシら一行が助けに来るまで、ハルカは延々と笑わされ続けた。



(完)



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 ハルカもついでにくすぐりメカの餌食にしました。













生徒会役員共による鬼畜の所業

アリア
「さあ、これで手荒なことができるね~」ワキワキ

森さん
「ホントに何も知らないんです!」

 桜才学園生徒会室にて、椅子に縛られた少女あり。
 森ノゾミは英稜高校生徒会副会長、訳あって桜才学園を訪れたところ、身柄を拘束されたのであった。
 なんでも、英稜高校生徒会が桜才学園生徒会副会長をヘッドハントしようとしているとかなんとか。
 その詳細を聞きださんと、桜才学園生徒会書紀七条アリアの尋問が始まる。

アリア
「ほらほら、羽根だよ~。顎の下をワサワサするよ~」ワサワサ

森さん
「あひっ!? あははは! ちょ、やめてください! ホントになんにも知らないですぅ~~くははは!」

 森ノゾミは、羽根先で顎の下をなでまわされ、もがき笑う。

アリア
「首筋をすーっと通って」ススス

森さん
「ひぃぃぃぃいい~~!!? ぞくぞくしますぅ~~!!」

 七条アリア、森ノゾミのネクタイをゆるめ、シャツの第一ボタンを外す。

アリア
「けしからんお胸の谷間にぬっこぬっこ」

森さん
「ほえぇぇぇへへへっへへっへ、そんなのだめですぁぁあはははっはは~~!!!」

 七条アリア、羽根を逆さに持って、

アリア
「この辺は、こっち側の方が感じる?」ツンツン

 柄の部分で森ノゾミの脇腹をつつく。

森さん
「ひゃはっ!? はっはっはっは!! やめっ、やめてくださいぃぃ~~っひっっひっひっひ!!!」

 再び羽根を持ち直し、

アリア
「太ももむちむち」サワサワサワ

森さん
「やははははっはははははは!!? いひゃぁ、そこはっ!!! しゃれにならないぃいひひひひひひひひひひひひひ~~!!!」

アリア
「膝小僧~」スリスリスリ

森さん
「んひひっひひひっ!!! やめっ、嫌ぁぁっはっっははっっははっは~~!!」

 さらに、森ノゾミの左足からソックスを脱がし取ると、

アリア
「拷問と言ったらやっぱりここかな? そぉれ、白状しなさい~」ワシャワシャワシャ

森さん
「やはははははははっは!!! 足ぃっ、ほんっ……だめぇぁははははははははっははは!!! ホントに知らないんですぅあぁぁあっはっははっはっはははっははっは~~!!!」

アリア
「足の指ぴくぴくして赤ちゃんみたいで可愛い」

森さん
「いひぃぃ~~っひっひひっひっっひっっひっひ、苦しぃいあいっひひっひっひひひひっひ~~!!」

 その後、畑さんの登場やらなんやかんやあって、森さんは解放された。



(完)



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 生徒会役員共の例のアレ。ちょっとだけあのシーンをボリューミーにしたかった。
 劇場版において、萩村スズさんが夏服時ナチュラルに素足履きだったことに興奮しました。













素人限定!彼氏に電話でくすぐり我慢!30分間バレずに会話を続けられたら一万円!

 本日もお日柄良く、デート日和ですね!
 こちらA公園では、女の子がひとり、噴水の前に立って、チラチラと腕時計を気にしています。大学生でしょうか? 身長は160センチメートルあるかないか。あどけなさを残す顔立ち。肩まで伸びたブラウンヘア。大きめのデニムジャケットのインナーはボーダー、濃紺のスカート、灰色のクルーソックスに黒のスニーカーという姿。本人なりにオシャレをしてきたのでしょう。ジャケットの裾を気にしている様子。そわそわとしていて、明らかにデートの彼氏待ちです。
 さっそく声をかけてみましょう。

「はい? え、なんですか? いま忙し――……えっ、一万……」

「いや、でも、いまちょっと人を待ってて――……そ、そうです。……え? 11時……、ですけど」

「いえ、でも……、あと5分で……」

「……わかりました。そこまで言うなら……」

 本人の了承も得たところで、屋内へ移動しましょう!

~~~

「え、……えっと、浅石美月(あさいし みつき)、……19です。あ、大学生です」

「はい、彼とも同い年で……――え、名前? ……その、……リン君って呼んでます」

「……付き合ってからは、3か月ぐらい」

「……あ、いえ、大学で知り合ったんじゃなくて、高校の時の同級生でした。たまたま同じ大学に入学して、それで、ちょくちょく話すようになってから、それから――」

「え? あ、はい……。男の子と交際したのは、リン君が初めてです」

 美月ちゃん、初々しく頬を赤らめて可愛らしいですね!
 ソファに腰掛けて、両手は膝の上。
 まるで高校受験の面接にきた中学生のような緊張ぶり。

 さて、よろしいでしょうか?
 これから、美月ちゃんは、彼氏に電話をかけてもらいます。そして、通話開始と共にゲームスタート! 我々が美月ちゃんの体中をくすぐって彼氏とのイチャイチャトークを邪魔します! 30分間、『くすぐらていること』がバレずに自然に彼氏との会話を続けることができれば、一万円! もし途中で電話が切られたり、彼氏から『くすぐり』に関する発言が出ればアウト!

 くすぐり手の男二人は、すでに美月ちゃんの両脇でスタンバイ完了。美月ちゃん、心の準備ができたら、さっそく電話をかけちゃってください!

「……は、はいっ……」

 美月ちゃん、おそるおそるといった風に、ゆっくりスマホをいじっていますね。
 デートの待ち合わせをすっぽかしているので、罪悪感もあるのでしょう。

「――あ、リン君……。美月」

 通話が繋がりました! ゲームスタート!

「――うん。ごめん。ちょっと家の近くで事故があってね……電車一本遅れちゃったの――ひゃんっ!」

 おっと、美月ちゃん。軽く脇腹に触れただけでびくんと飛び上がってしまいました。
 これは先が思いやられますね。まだ10秒と経っていません。

「――う、ううんっ! なんでもな……いっ。ごめん! だからちょ……ちょっと……んく、おそく、なる……」

 彼女のジャケットの裾から手を入れて、ボーダーのシャツ越しに脇腹を軽くくすぐっています。
 美月ちゃん、くねくねと身をよじり、ぷるぷると声を震わせながら必死に言葉を紡いでいる様子です。

「――い、やっ!! ホントになんでもない、……のっ!」

 美月ちゃんの顔はもう真っ赤。頬をひくひくと痙攣させて笑いを押し殺しています。
 彼女をくすぐる二人の男、ゆびさきで優しく彼女の体側をなで上げます。

「――きゃぁあんっ!? ……いやっ、ちょっと、……え、声? ちが、ひぃぃっ……、くふっ……、ごめん。電車が急に揺れて……ほんとにそれだ、け、……だからっ」

 さて、ウォーミングアップもほどほどに。
 そろそろ本気で美月ちゃんを笑わせにいきましょうか。

「――あああっ、ちょ、……っちょっとまって!! せっかく、だからっ……もうちょっと……しゃべって、んひぃいっ!!?」

 男のひとりが彼女の両腋の下へ指を突っ込んだ途端、美月ちゃんは甲高い声を上げました。

「――いやっ! ちがうのっ……! ちょっと、揺れて、人にぶつかって……えっ、ひぅっ……!? ちょ、な、なに……っ!?」

 通話中にもかかわらず、美月ちゃん、思わず素がでてしまったのかな?
 もう一人の男が美月ちゃんの右足首を掴んで持ち上げ、右足のスニーカーを脱がしてしまいました。
 彼女は、「そんなこと聞いてない!」というような非難の表情で、首を左右に振ります。

「――ちょっ!? いやっ……こっちのこ、ぉぉお――くはははっ!?」

 つい笑い声が漏れたのは、男が、美月ちゃんの右足の裏を灰色のソックス越しにくすぐりだしたからです。男は美月ちゃんの右足を小脇に抱え、こちょこちょ足の裏を引っ掻いています。

「――はははっ……やっ、なんでもないっ! いぃひぃ……なんでもないからっ! 待って、……あぁぁんのっ! ちょひぃぃっ、ひ、ひ、やらっ、もう、すぐ着くからぁあぁあひぃっ……あと、25ふんぐりゃいでぇ!」

 美月ちゃん、二人の男に腋の下と足の裏をくすぐられながら、ふにゃふにゃの声で叫んでいます。
 腋を必死にしめて体を左右にねじる美月ちゃん。彼女の足指もまたくすぐったそうにくねくねよじれています。

「――だはっ!!? たははっ……いやぁっ、あのっ、え? 変な声っ……? そんなこ、とぉぉおおおっ!? きひひっ……ちがっ、ないからぁぁあっ……!!」

 電話の向こうの彼氏に向かって、必死の様子で説得する美月ちゃん。
 目に涙を溜め、笑いをかみ殺しながら言葉を繋ぐ様子は健気です。

 腋をくすぐっている男は、五本の指をそれぞれ彼女の腋の下へねじこみ、ぐりぐりかき混ぜるようにくすぐります。

「――ひぃひいぃいっ!? ……あひあぁっ……んんうぅぅぅぅ!! ……いやっ、リン君、違うっ! んおっ!? ひゃぁああっ、……欠伸っ!! 欠伸でただ、けぇえぇぇぇえっ!!?」

 足をくすぐっている男は、人差し指と中指を器用に使い、彼女の足の裏をかかとから指の付け根あたりまで上下8の字を描くようにくすぐります。

「――んふぅぅうううっ!!! ちがうっ……なにもやってないぃいぃいっひぃぃッ……!? あああああっ?! リン君まってぇえ、切らないでっ、……もほおおっ!? もうちょっとぉ、もうちょっ……とだけえぇぇえぇえひひひひひひひっ!!?」

 いきなりくすぐり方を変えたせいでしょう。彼女は吹きだしてしまいました。
 腋をくすぐっていた男が、アバラをごりごりくすぐりはじめたのです。

「――んがぁあひぃぃっ……!!? ひゃだっ……、ちょっ、リン君っ!? な、待って!! ……んはぁぁああっ!! ちがうのっ……ただ、ちょっと体調が――」

 美月ちゃんがそんな言葉を繋いでいた途中、足をくすぐっていた男が、彼女の右足からクルーソックスを脱がし始めます。

「――ちょっ!? だめっ……それはっ……!!? あいやっ、ひぁっ……ごめ、リン、君……こっちの話!! いまっ……また、ひあぁぁっ、揺れて、誰かの手があたった、みたい、でぇぇっ」

 すぽっ、と美月ちゃんの右足からソックスが脱がされました。
 色白の素足ですが、少しくすぐったせいか、足の裏は少しピンク色になっています。足の指のなかで、人差し指がすこし長く突き出ているので、ギリシャ型と呼ばれる足型です。足の指がきゅっと縮こまり、少しくぼんだ土踏まずに皺が寄ります。
 男は、彼女の足の指の股へ、人差し指をねじこみました。

「――にゃはははははっ!!? いやぁっ……ちがうのっ!! うひぃぃっ、い、ま、笑って、なんか……なくて、ひひっぃひぃいっ!!? いやっ……笑って、無ひひゃははあっ!!? ちがうっ、あのっ……そのぉぉおひひひ!? 発作……みたい、な、何かで……あひゃぁぁああぁっ」
 
 首を左右に激しく振って悶える美月ちゃん。
 足の指がくすぐったそうにぴくぴく動いています。
 腋も力を込めて必死に閉じているようですが、くすぐる手を挟み込むと余計にくすぐったくなりますよ?

「――いひゃっ……!!? あはははっ、ちょ……やえぇ、だめぇぇっ!! 切らないでぇえぇっ!!! いひひっ……えひぃぃ!?! いあっ、変じゃないぃぃぃっ、変じゃないからぁぁあ!!!」

 おやおや。彼氏さんは、電話を切りたがっているようですね。
 まだ時間は10分と経っていません、大丈夫でしょうか?

 そのとき、腋をくすぐっていた男が、美月ちゃんのボーダーシャツの裾から左手を突っ込み、素肌の脇腹を直にくすぐりはじめました。

「――ひやぁあああああっ!? あひひひひやぁあああああっ!!?! ああぁぁぁあっ、待ってえぇっぇ、切らないで――」

 直後、こちらからでもはっきりと聞こえます。空しく響く通話終了の音。
 彼氏さん、美月ちゃんの不審なあえぎ声に、バカにされてるとでも思ったのでしょうか? 一方的に切ってしまったようです。

 男達はくすぐる手を止めました。
 美月ちゃん残念そうにため息をつきます。

 美月ちゃん、残念!
 一万円獲得ならず!!
 さて! 失敗してしまった美月ちゃんには、罰ゲーム!!!

「え? 罰ゲー……!? そんなの聞いてな――あひゃああああああはははははははははははははははははっ!!!?」

 気が緩んでいたんでしょうか?
 アバラと足の裏を同時にくすぐられる美月ちゃん、こんどは一秒も絶えられず大笑いしてしまいました。

「やめへえぇえ~~っはっはっはっは!!? 我慢できないぃぃ~~っひっひっひっひっひひひひひひひひひひ~~!!」

 シャツの裾をべろんとめくり上げられ、お腹やあばらを直にくすぐられるのはやはりきつそうですね。
 なるほど……。下着の色は白ですね。

「あはははははははははっ嫌ああぁあああっ、っはっはっはっはっはっはっ!! もうだめだってぇぇえぇぇ~~!!」

 足をくすぐる男は、美月ちゃんの両足を揃えて抱えこみ、両足の裏をかきむしっています。
 いつのまにか、左足のスニーカーとソックスも脱がされています。

 せっかくなので、ちょっとご自分の足の臭いを嗅いでもらいましょうか。

 まずは、ソックスから。

「やだっ……!!? ひぃぃい~~~ひひひひっひいひ、んうぅううううひひひひひひっ!!! そんなの鼻にすりつけないでぇぇぇえいぃいひひひひひひ、んぅうううう~~」

 あらら。鼻水を噴き出してしまいました。

 ではつぎ、スニーカーのほうを。

「――ぶふぅううう!!? げほっ……ひいぃいい~~ひひひひひっ、げほぉぉっ!!! やっ、ちょっ!!? やだぁあ゛ぁああはははは、げごおおお!!! 臭いっ!! やめろばぁあぁぁあひひひひひひ、ぐほぉぉっ!!?」

 スニーカーの中敷きを美月ちゃんの鼻に押しつけてあげると、顔を真っ赤にして暴言まで吐いてくれました。泣いています。
 よっぽど腐ったのでしょう。日頃靴の手入れを怠っていた報いですね。
 くすぐられながら自分の足の臭いをかげる機会なんてそうそうないですから、楽しんでもらいたいものですが。

「楽しめるか馬鹿ぁあぁあひゃひゃひゃひゃひゃっ!!? ふざけんなぁっ、罰ゲームとかああっははっはっはっは! 嘘つきぃいいいひひひひひひひ~~!!! 死ねえぇえあひあぁぁっはっははっははははははっはは!!! 離せえぇえぃ゛ぃ゛いぃ~~ひひひひひぎぎぎぎ!!!!」

 激しく首を振って、ぴくぴくと体を痙攣させながら笑いもだえる美月ちゃん。
 大人しそうに見えましたが、化けの皮まで剥げてしまいましたね。

 さて、賞金一万円に釣られて彼氏さんとのデートをすっぽかし、こんなところでゲラゲラ笑い転げている美月ちゃん。今後の交際は果たして上手くいくのでしょうか。

「ひぎゃぁああああっひゃひゃっひゃっひゃ!!! あぎゃあぁああひゃぁぁああははははははあははははあははは~~!!!?」

 わたくしどもは、一切の責任を負いません。

 
(完)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 彼氏に電話しながら云々という類いの大きなお友だち向けビデオグラムを、KTR変換したい!










累計PV数
メールフォーム

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ