「あの……、実は、お弁当作ってきたんだよ」
「えっ、僕のために?」
「う、うん……」
「あ、ありがとう……っ」
 T学園の中庭のベンチにて、そんなやりとりをする男女がいた。ふたりとも、T学園のブレザー姿である。
 男子は長身で物腰が低い、誠実そうな青年。
 女子は中肉中背でストレートヘア、特徴はないが、素朴で落ち着きのある印象を受ける。
 顔を赤らめ、ぎこちない会話を続けながらも、楽しそうに弁当を食べる様子。見るからに付き合いはじめの初心なカップルである。

 そんな二人の様子を木の陰からのぞき見する影が二つあった。 
「ぐぬぬ、儂の命に背き、あろうことか神聖な中庭でラブコメをするとは、なんたる輩! モロナオ! 奴らはいったいどこの者ぞ!」
 激高するのはT学園生徒会長、足利高氏(あしかが たかし)。
「一年A組の脇田昭博(わきた あきひろ)と遊佐深雪(ゆさ みゆき)ですね。脇田と遊佐、ともに文芸部の所蔵です。付き合い始めてから三十四日目を迎えています。告白は脇田から。二人ともとりわけ成績が良いわけでもスポーツ万能というわけでも無く、パッとしませんが、素朴で誠実なカップルだと、一年生の間ではなかなか悪くない評判です。あと僕の名前はモロナオじゃなくて柏崎(かしわざき)です。会長」
「儂のことは将軍と呼べと再々申しておろうが、モロナオ! しかしながら、きゃつら、まだ入学して間もない分際で、儂の目の届かぬ処で色恋沙汰に現を抜かしておったのか! はなはだけしからん! ただちに侍所へ通達を下し捕らえるのじゃ!」
「はい。速やかに風紀委員を使って、特別指導室へ連行します」

~~~

 薄暗い特別指導室にて。
「や、やめろぉ……! やめてくれぇ……っ!」
 脇田は悲痛にうめいた。
 椅子に縛り付けられており、身動きが取れない。

「きゃ~~っはっはっはっはっはっは!! いやぁぁあっはっはっはっははは、助けてぇ~~っ!!!」

 脇田の目の前で、激しく笑い声を上げる深雪。
 彼女は、体を部屋の中央に置かれた台の上でX字に拘束されており、高氏によってくすぐられていた。
「ほ~れ、ほれ。おぬし、入学説明会において、儂の許し無く男女が不純に交友することを禁ずる命を下したことは知っておろうな。儂の命に背き、訳のわからぬ男との色恋に現を抜かし、神聖な中庭を汚した。身を以てその罪を贖い奉れ」
 高氏は大きく開いた彼女の腋の下に両手を差し込み、親指で乳房の付け根辺りを、ぐりぐりくすぐっている。

「あはははははははははは!!! くるしぃひっひっひっひ~~、やめっ、……脇田くんたすけてぇぇええっはっはっはっはっはっはっは~~!!!」

 深雪は、髪の毛を振り乱して笑っている。
 上着のボタンを外され観音開きにされ、薄いブラウス越しにくすぐられているために、かなりきつそうだ。

 脇田は歯がみした。
「畜生……っ! お、おいっ! て、てめぇっ……、遊佐さんから離れろお……っ!」
 震える声で叫ぶ。

 しかし、高氏は見向きもせずに、深雪の乳房の裏をくすぐり続ける。
「負け犬の遠吠えが聞こえておるな。儂に向けて暴言をよこすなど、身の程をわきまえぬ愚か者ぞ。おぬし、あのような不届き者に身を預けてはならぬ。この国は、将軍のもの、すなわち儂のものである。おなごはみな、儂に忠誠を誓うのが理。ただちにあの者との縁を絶ちきり、儂の寵愛を受け入れるのじゃ」

「いあぁはっはっはっはっはっは!!? な、何言って……ひぃぃ~~っひっっひっひっひ!!! 意味わかんなっ……っはっはっは、そんなの、おかしいですぅううあはっはっはっはっはっはっははっはっは~~!!」

 深雪は、高氏の指さばきに翻弄されながらも、必死に抵抗した。

「ほう、おぬし、まだ儂の寵愛のありがたみが理解できぬのか?」

「あはっはっはっはっはっは!! なひゃっ、……何言ってるか、全然わかんないぃいっひひひひひひひ~~!!! やめてぇぇ~~!」

「ふむ、まだ足りぬと申すか。されば、仕方あるまい」
 高氏はそう言って、ぺろりと唇を舐め、にやりと笑う。

~~~

 数分後。

「おぼほほほほほほほほほ!!!? ひぎいぃひひひひっっひっっひっっひっひっっひはひゃぁぁ~~~!?」

 深雪は尋常では無い反応を示していた。
 目を剥いて、激しく首を振って笑う彼女の姿。脇田は苦悶の表情を浮かべている。
「やめて、くれよぅ……」
 彼の足元には、くしゅくしゅに丸められた白いハイソックスが二足、落ちている。先ほどまで深雪が穿いていたものだ。

 高氏は、素足にした深雪の右足の指を舌でれろれろと舐め回し、左足の裏を五本の指でこちょこちょと弾くようにくすぐっていた。

「ひいぃぃい~~っひひひひひひひひひひひひ!!!! ふぎゅぃいいひひひひひひひひい、はにゃぁぁあぁひゃひひひっひひひひひひひ~~!!!」

 深雪は体中をびくびくと痙攣させながら笑い悶えている。
 脇田はうつむいてしまった。自分の交際相手が、別の男に素足を舐められ、バカ笑いしているのだ。あまりにも無様で、情けない状況に思えるのであろう。

「ほれ、どうじゃ? 儂の舌使いは? 初めての経験であろう」

「いぎゃひぇっひぇっひぇっひぇ、ぐひゅひゅひひひひっひひひひひひひ~~!!!」

 深雪は、高氏の言葉に反応できないほど笑っている。
「な、なんで……」あまりにも異常な反応に、脇田は声を漏らした。
 すると、そっと横へ近づく影。
 T学園生徒会副会長兼会計兼書紀の柏崎である。
「彼女のことはあきらめた方が良いですよ」
「……え?」
「会長はこれまで、何人もの女性を彼のくすぐり技の虜にしてきました。会長のくすぐりに堕ちたら最後、彼に絶対服従を誓わずにはいられなくなります。そうして会長は、この学園を支配してきたのです」
「……な、何を言っているのか……、全然わかりません」
「彼女の笑いっぷりをご覧なさい。嫌がる言葉が出てこないでしょう。彼女は、会長の舌くすぐりに完全に翻弄されているのです」
 脇田は呆然と彼女を見る。

「ひぁぁああ~~っはっはっはっはっはっは!!! ふにゃぁぁひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ、ひぃいいいぎぃいいひぃぃいふひゅひぃぃ~~!!!」
 深雪は、体を仰け反らせ、大口をあけている。涎が垂れ流れようが、鼻水が噴き出そうが、気にする様子も無い。緩みきった表情だ。こんな顔、付き合ってから一度も見たことがない。。
 高氏の舌が、ねっとりと彼女の中指と薬足指の股に滑り込む。まるで、彼の舌を受け入れるかのようにスムーズだった。左足は、足指が大きく広がっている。足指を縮こまらせていた数分前とは対照的だった。高氏の右手が、そんな彼女の伸びきった左足の裏をくすぐり犯す。

「会長の舌くすぐりで、堕ちなかった女性はいません。残念でしたね。今後もし交際をするならば、他校の相手にするか、校内でも決して会長の目に触れないよう注意することをオススメします」
 柏崎に肩をぽんと叩かれて、脇田は涙が溢れた。

 高氏は、べろんと深雪の素足を踵から指先まで舐め上げると、
「どうじゃ? 儂に忠誠を誓うか?」

「あひゃひゃひゃひゃっ!!! ひ、誓いましゅぅううひひひひひひひひひひっ、あぎゃひぃいっひっひっひっひ~~!!!! あひゃひぃいっっひっっひっひっひ、誓うぅうひっひっひっひっひっひ~~っ!!」

 深雪は大粒の涙を流し、舌を出して笑いながら叫んだ。

「……されば」
 と高氏は、くすぐる手を止め、
「その者へ、しかと別れを告げるのじゃ」
 脇田を指して言った。
「あひぃ……ふひゅひぃい……あへ……、脇田、きゅん……、うひひ、……ごめんにぇ、別れてぇ」
 深雪はへらへらと余韻で笑いながら、彼に別れを告げた。
 脇田は嗚咽を漏らした。


(完)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 KTRはいいぞ!