部活6

夕日を背景に、放課後の1年3組の教室には笑い声が響く。
佐藤ゆかりは制服に着替えて教室を出ようとした矢先、6名に取り押さえられたのであった。
床に大の字に押さえつけられたゆかりは、両足を2名、両脇を2名にくすぐられていた。
床には脱がされたゆかりのシューズと白い靴下、通学かばんが散乱している。
「にゃはははっはははははははははははっ!!!!!!きゃはははっはっはははははははははっはっはああっひあいひひひひっひっひhきぃぃいいいいっ…やひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!」
二つに縛った髪の毛を振り乱しながら笑い狂うゆかりの眼には大粒の涙がたまっていた。
ゆかりの素足の足の裏をくすぐっていた2名がさらにくすぐりをはげしくする。
片方は足の指をのけぞらせ、土踏まずのあたりをがりがりと、もう片方は素足の上下からつかむようにバリバリと足の裏全体をくすぐった。
「いぃぃにゃひゃひゃひゃはyはやはあやひゃひゃはやはやh!!!!あひゃっあひぃぃひひっひひひいあひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!!!」
「ふふ、やめてほしかったら明日の放課後、このクラスで一番かわいい子を私たちの部室まで連れてきなさい」
「そんなっ…ひゃははっははっはははっはあはははは!!!!いませんっ!」
「いない?そんなはずないでしょ?このクラスには学年で可愛いって評判の鈴野ゆきねちゃんがいるでしょ?」
鈴野ゆきねは小柄で非常におとなしい女の子。セミロングの髪の毛はストレートでいつも伸ばし、くりくりとした可愛い眼をしていた。勉強もかなりできるほうで、校内模試ではいつも上位にランクインしている。猫を被っているという噂もあるが、学校ではいつも無口で質問を受け答えする程度なので誰も彼女のことは知らない。ただ、人当たりは悪くなく全員に対して表裏なく接する少女のためみんなから可愛がられ宝物のように大切にされていた。
「きゃははっはははははあははははははhh!!!!ゆきちゃんを渡すわけにはぁぁあっぁああはっはっはははっはははあはははは!!!」
「そう。じゃぁ約束させたくしてあげるわ」
そういうと一人が羽根を取り出す。
ゆかりの素足の足の裏を羽根でばさばさとくすぐった。
「ぎゃはははっはっははあははははっあひゃひゃhっやっひゃっひゃっひゃっはyっひゃいぃぃlひっひいっひひhhlきぃlひあっひゃひゃひゃひゃひゃ」
「ほぉら~ぺろぺろ」
片方の素足の足の裏を誰かが舐めまわす。
「うひゃひゃひゃひゃひゃっ!!?あひひひひははやひゃはyはやはあやひゃあひゃ」

前へ 今ここ 次へ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここからしょーもないコメント)

 こんばんは。ertです。
 次から次へと飛び火していきます。

登場キャラクターまとめ
 謎の部活の六名:謎の部員。なんか手当たり次第に人をくすぐる。
 佐藤ゆかり(さとう ゆかり):高校一年生。テニス部マネージャー。ゆきのせいで標的に。
 鈴野ゆきね(すずの ゆきね):高校一年生。セミロング可愛い。ゆかりのせいで次の標的に。

 また「野」が復活しました。


「チキチキ原点回帰! 晒そう僕らの黒歴史!」第二十一弾・終