部活10

鈴野ゆきねはよく頑張った。
10分もの間、過酷なくすぐり地獄に耐えたのだ。
苦手な足の裏をちょろちょろといやらしくくすぐられても大きく首を左右に振ってこらえ、脇腹をこりこりとされても眼に涙をうかべながら必死に笑いをこらえていた。
ただ、靴下を脱がされて素足を直にくすぐられることには到底耐えれるはずもなく撃沈した。
鉄仮面が剥がれる瞬間、ゆきねは一瞬むんずと口を一文字にくいしばりこみ上げる笑い声を一気に吐き出したのだった。
ちょうどゆきねがくすぐられ始めてから1時間がたとうとしている。
連続してくすぐられたせいで、ゆきねの顔は涙と汗でべったりとしていた。
ゆきねは大きく開かれた腋の下と脇腹を後ろから一人ずつ、さらに内またを羽根で一人、苦手な足の裏は二人がかりでくすぐられていた。
白い靴下は両方とも脱がされ、佐藤ゆかりに握らせていた。
ゆかりにとっては見るに堪えない光景である。
ゆきねの素足の足の裏は、片方は指でなでまわすように、もう片方はカリカリとひっかくようにくすぐられた。
スカートははだけて、白いパンツも丸見えになっていたがゆきねにはそんなことを気にしている余裕はない。
叫び声に近い笑い声をあげながら、普段のおっとりしたゆきねからは想像もつかない激しさで湿った髪の毛をふりみだして笑い狂うゆきね。
「ふひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃっ!!にゃあぁぁぁっぁはあははあはははははははははははははは!!!あっはっはっはっはっはっははっはははははあひひぃいいいいいいいいいいいぃぃ」
「ほぉらほぉら、可愛い顔がだいなしねぇ~こちょこちょ~」
「はひゃひゃひゃひゃひゃひゃっあぁぁぁあははははっはっはははhっははははははは」
素足の足の裏をなでまわされ、頭をぶんぶんと左右に振り笑い狂うゆきね。
「怨むんならここにあなたをうったゆかりちゃんを怨むのねぇ~」
追い打ちをかけるように、ゆきねの素足の足の裏を羽根でさわさわとくすぐりながら言う。
「いぃぃいぃlひひひひひひひひひひひ!!!!ひどいよぉぉおおおおひいあははははあっははははあはははははははは!!!!佐藤さん…あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃはやひゃはyだじげでぇぇえっへへへへっへへへへっへへへ」
「もう…やめてあげてください…」
「え?なに?聞こえない」
「ゆきねちゃんかわいそうにねぇ~ゆかりちゃんはあなたを見殺しにするみたいよぉ」
「うひゃひゃはyはやはyはやはやはははあははははははっははあはh!!!さとぉおおさぁぁっぁあぁあんあははっはははははははははははっはああ!!!!!」
「まぁそれ以上私たちに口答えしたらどうなるかはわかってると思うけどね」
ゆかりは口を閉ざすしかなかった。
部屋いっぱいにゆきねの悲痛な笑い声が響いていた。

前へ 今ここ 次へ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここからしょーもないコメント)

 こんばんは。ertです。
 晒そう企画はここで一旦打ち止め。来月からは平常運転です。

登場キャラクターまとめ
 謎の部活の六名:謎の部員。なんか手当たり次第に人をくすぐる。
 佐藤ゆかり(さとう ゆかり):高校一年生。テニス部マネージャー。ゆきのせいで標的に。
 鈴野ゆきね(すずの ゆきね):高校一年生。セミロング可愛い。ゆかりのせいで標的に。


「チキチキ原点回帰! 晒そう僕らの黒歴史!」第二十六弾・終