部活14

次の休日、東中の放送室では笑い声が響いていた。
椅子に押さえつけられてくすぐられているのは無論放送部の中野ふうこ、さなえの部屋で見た資料をもとに本日が放送部の活動日であり、担当が中野一人であることを知ったのだ。
中野ふうこは真面目でおとなしい性格であり、髪はショートヘアで左側にピンをしている。朝7:00にはきちんと放送部に来ていた。
そこを6人が待ちぶせし、一瞬にしてふうこを捕まえたのだ。
「きゃははははははははははっ!!!!あぁぁぁあはっはっはっはっはっはっはっは…やめてくださぁぃいいいいひひひっひひひひhh」
「駄目よ。あなた私たちとの約束を守らなかったじゃない!これはお仕置きよ」
もちろんふうこでないことは部員たちも一目でわかったのだが、意地悪くお仕置きと称してふうこをくすぐる。
「そんなっ!!あぁぁああははははっははははっ…わたしぃいいひいhっひひひひひしりません!!!あははははあははははははははは」
「ふぅん。そんな態度とるんならこっちにも考えがあるわよ」
そう言いながら、ふうこの白いハイソックスに手をかける。
「きゃはっははははははははh!!やめてくださいぃlひひひひひひひひ」
白いハイソックスはつま先からすぽんっと脱がされ、ふうこの小さな素足があらわになる。
「あら、ふうこちゃん運動不足見たいよ?土踏まずがこんなにむくんじゃって…」
そういいながら一人の部員がふうこの土踏まず辺りを人差し指でなでまわす。
「あぁぁあぁあひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃっひゃっひゃっひゃ!!!!!ひゃめてぇえぇぇっへへへへへっへへへへへ」
「あら…相当足の裏がくすぐったいみたいね。じゃぁこっちも」
そういいながらもう片方の素足の足の裏も5本の指でがりがりとくすぐる。
「うひひひひひひひひhっ!!!あぁぁぁはははははああはあははははあははっはっはははははははあhぎゃひひひひはっはっははh」
「やめてほしかったら私たちのいうことを聞きなさい」
「わひゃひゃひゃひゃはははっはっはああはあ!!!わかりましたっ!!!ああああははははははあ…なんでもふひひっひっひひいききますからぁあぁっはあはははあ」
執拗に素足をくすぐられ、ふうこは屈服してしまった。
「テニス部の中野あずさを放送でここに呼び出しなさい」

前へ 今ここ 次へ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここからしょーもないコメント)

 こんばんは。ertです。

「運動不足見たいよ」

 扁平足好きは未来永劫変わらないでしょう。

登場キャラクターまとめ
 謎の部活の六名:謎の部員。なんか手当たり次第に人をくすぐる。
 中野あずさ(なかの あずさ):東中生。テニス部。中野姓であるために標的に。
 中野ふうこ(なかの ふうこ):東中生。放送部。中野姓であるために標的に。
 

「チキチキ原点回帰! 晒そう僕らの黒歴史!」第三十弾・終