部活15

中野あずさと中野ふうこは同じクラスであった。
性格は対照的で、あずさは運動をよくする元気いっぱいの女の子である。
セミロングの髪はいつもポニーテールに結び、運動するときはコンタクトをしている。
顔立ちはかわいらしく、清潔感あふれる女子中学生という感じだ。
そんなあずさが、今は狭い放送室の真ん中で大の字に押さえつけられ、テニスウェアのまま全身をくすぐられ、けたたましい笑い声をあげている。
「うあひゃははっははははははははははああ!!!!きぃぃぃひひはいはいひあひはいひひあひhっひっひっ…もうやめてぇじぇlじぇぇあっはははっははあははははあはh」
テニス用の長めの白いソックスは両足とも脱がされ、素足の状態で足の裏を羽根でくすぐられている。
「ぎゃぁぁlはっはああっはあはははあははははははh!!!!ふうこの裏切り者ぉぉおおひひひひひひっひひっひひ」
当然怨みの対象は呼びだしたふうこに向く。
「ごめん…あずさちゃん…」
ふうこはセーラー服に素足のまま、部屋の隅に座らされていた。

小一時間、二人は交互にくすぐられ、息も絶え絶えになったころ部員の一人があることに気付いた。
「あれ?クラリネットの音が聞こえない?」
吹奏楽部の中野文香は確かクラリネット担当であった。
「今日は吹奏楽部は練習日じゃないはずだけど…自主練習に来てるのね。偉いわぁ」
6人はあずさとふうこを素足のまま放置して音楽室へ向かった。

前へ 今ここ 次へ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここからしょーもないコメント)

 こんばんは。ertです。

登場キャラクターまとめ
 謎の部活の六名:謎の部員。なんか手当たり次第に人をくすぐる。
 中野あずさ(なかの あずさ):東中生。テニス部。中野姓であるために標的に。
 中野ふうこ(なかの ふうこ):東中生。放送部。中野姓であるために標的に。

 次回で打ちきりです。
 

「チキチキ原点回帰! 晒そう僕らの黒歴史!」第三十一弾・終