スーパールーキー大星淡ちゃん歓迎対局


南三局 親:渋谷尭深


「ロン。12000」

尭深
「はい」


南四局 親:大星淡

大星淡:100,100
宮永照:173,200
弘世菫:107,400
渋谷尭深:19,300



(何コレ。この私が、やっと原点復帰!? 屈辱……!!)

五六②②②⑤⑥⑦⑦⑧⑨77西


(でも、まだ私の支配は死んでない! 東場みたく連チャンしてやる! 北家からは和了れない……。テルとの点差は)チラ
(6000オール3回で100点差のトップ! まくってやるっ!)


「リーチっ」トッ

尭深
「……ロン」


「……は?」
(人和!? でも、今回のルールで人和はないって……)

パタッ

白白白發發發中中中北北北西

尭深
「12万……8千点です……」


(大三元・字一色・四暗刻単騎!?)


最終収支

宮永照:173,200
弘世菫:107,400
渋谷尭深:147,300
大星淡:△27,900



「トビだな」


「淡。東場の親で連チャンするから」


「そういうお前も南一局、ヤクマンまで続けたじゃないか」


「……? あっ、第一打!」


ナレーション(声:タキシード仮面)
「後に彼女は『たかみスロット』と命名する」



「新入生歓迎会を続行しよう。続いてはラスの淡に罰ゲームだ」


「私、歓迎される側じゃないの!?」


「大丈夫だ。チーム虎姫の仲間に早く心を開いて打ち解けられるよう、楽しい罰ゲームだ」


「?」


○○○


ナレーション(声:タキシード仮面)
「チーム虎姫では毎年新メンバーの受け入れに際し、儀式を行う。その内容とは……」



「うあはははははは、やぁっはっはっはっはっはっは、何すんのぉぉ~~ほほほひひひひひひひひひひ~~!?」

 畳の上でチーム虎姫メンバーに大の字に押さえつけられた淡は、両足の裏を照と菫にくすぐられていた。


「チームに馴染むには最初が肝心だ。新メンバーを全力で笑わせ緊張をほぐしてやるのが、我々チーム虎姫伝統の儀式だ」


「緊張してないぃぃ~~ひひいっひっひっひひ!!!! 緊張してないからぁぁぁあっはっははっはっはっははっは!!!」

 二人は人差し指で細かくひっかくように淡の素足の土踏まず辺りをくすぐっている。
 白糸台高校冬服のブレザー姿の淡。
 押さえつける際にかなり抵抗したために乱れている。
 無理矢理脱がし取られた白いソックスも、乱闘後そのままに散らばっている。


「ほんとっうあっはっはっはっはっは!!? 足の裏いやぁあぁ~~っはっはっはっははっはっは!!!」

 コークスクリューのような照の指の動きは速すぎて目視できない。


「テルーぅぅぅぅうぅテルーぅぅううひひひひひひひひひっ!!? それだめぇぇぇええっへっへへっへ、人間じゃないぃぃぃ~~っひっひっひっひっひ!!!」


「淡。そろそろ言おうと思うんだが」

 菫は淡の足の指の間をほじくりながら言う。


「うひょほひほひほひひひひひっ!!? ひゃぁあぁ~~はっっははは、何ぃぃぃ~~!!? 何ぃぃ~~っひっひっひっひ!!?」


「少しは先輩に敬語を使う努力をしろ!」

 菫はリーチ棒の先端で激しく淡の足の裏をひっかく。


「だはあぁぁあぁ~~っはっはっはっは!!!? リー棒ぅぅぅっひゃっひゃひゃひゃひゃ、リー棒やめぇぇぃ~~ひひひひひひひひひひひ!!!」

 照は、淡の足の指の間に牌をはめ、押し広げながら、指間を人差し指でコークスクリューした。


「あがぁぁぁははははっはは!!!? テルぅぅぅひひひひひ、コークっ、コークスクリューしたってなんなのぉぉぉ~~~!!? いみふほひょはははははははははは!!!?」


「では私もリー棒で淡の足の指をコークスクリューしよう」

 菫は淡の足の指を持って反らし、指の付け根にリー棒を這わせた。


「うひゃひゃひゃひゃ!!!? それ違うっ! こひゃひゃ、コークスクリューじゃにゃいぃぃぃ~~っひっひっひっひっひ!!!」

 照は、牌の角を淡の足裏に当て、コークスクリューした。


「んがぁぁぁっはっはははははははは!? もうこーくすくりゅぅぅひひひひひ、コークスクリューでいいからぁぁあぁはっっはっはひゃひゃひゃひゃひゃ!!!」


ナレーション(声:タキシード仮面)
「かくして、大星はチーム虎姫の一員となったのである」


(完)