桐乃
「あーやせっ♪」

あやせ
「……ぅ~ん……」ピクッ

桐乃
「あーやーせっ♪」

あやせ
「…………っ。うん?」パチクリ

桐乃
「おはよう。あやせ」

あやせ
「……桐乃……? ……っ!?」ギチッ

桐乃
「今日も私服かわいいよ、あーやせ♪」

あやせ
「あ、ありがとう……/// ――っじゃなくて! なんで私が、桐乃の部屋のベッドの上で、両腕を横に付けた気をつけみたいな体勢で、ベッドごとロープでぐるぐる巻きにされてるの?」ギシギシ

桐乃
「的確な描写ありがと」

あやせ
「……確か私、……桐乃に電話で呼ばれて、……ま、まさか、さっきのジュースに」

桐乃
「一服盛っちゃいました」テヘペロ

あやせ
「……ど、どうして? ねぇ、桐乃、どうしてなの……?」

桐乃
(うっは、あやせの不安そうな顔たまんねぇなぁぁぁっ!!)ゾクゾク
「実はあやせの足の裏をくすぐりたくなっちゃって」ワキワキ

あやせ
「足の裏……くすぐるって……えっ!?」

桐乃
「今日もあやせの素足は白くてキレイだねぇ、ぐへへ」ジュルリ

あやせ
「ちょ、ちょっと待って桐乃!? 舌なめずりしながら近づいてこないで――」

桐乃
「♪」サワッ

あやせ
「ひゃあぁぁっ!!?」ビクンッ

桐乃
「おお、いいねぇ! 人差し指一本で良い反応! もしかしたら『しおりちゃん』より敏感かも……」

あやせ
「しおりちゃん……? ハッ!? まさか桐乃……ゲームに影響されて……」

桐乃
「んじゃあお次はぁ~~♪」コチョコチョ

あやせ
「きゃはははははっ!?」ビクビクッ

桐乃
「や~ん/// あやせたん足の裏超弱い~! ぐへへ、ヤバい……楽しい」コチョコチョスリスリ

あやせ
「やははははっ、ちょっ!! 桐乃っ! はははははっ!? 聞いてっ!」

桐乃
「何、あやせ?」ツーッ

あやせ
「やははははははっやめて!!! 桐乃っ! 指で踵くるくるしないでぇっ!」

桐乃
「あやせが聞けって言うから弱くしてあげたのにぃ~~」プンスカ グリグリ

あやせ
「んほほほはははははははっ!!? ちょっ、やっはっはは、指ぃぃっ!! 指の間はだめぇぇぇははははははは!!」ブンブン

桐乃
「ほぅ? ここがええのんかぇ~~?」カリカリ

あやせ
「うひゃはははははははっ!!? 爪立てないでぇぇへへへへへへへへ!!」ビクビクビクッ

桐乃
「じゃあそろそろ本番ー……」ピタッ

あやせ
「……けほっ……へ?」

桐乃
「5、4、3……」ニヤニヤ

あやせ
「いっ、嫌!! 桐乃! やめっ――」フルフル

桐乃
「♪」ガリガリガリコチョコチョコチョ

あやせ
「ぶはっ!!? ――くひゃっはっはっはっはっはっは!!! きゃぁぁ~~っはっはっはっは、何ぃぃぃ~~っひっひっひ!?」ギチギチガタガタ

桐乃
「あーやせっ? 秒読みフェイントはこの世界ではお約束なんだよ?」ガリガリガリガリ

あやせ
「知らないっ、知らないぃぃ~~っひっひっひっひっひ!!! 桐乃やめてぇぇぇぇ~~~ひゃひゃははははははははは!!!」クネクネビクビク

桐乃
「足の指超動いてる♪ そんなにくすぐったい?」コチョコチョコチョコチョ

あやせ
「くすぐったいぃぃ~~!!! くすぐったいよぉぉ~~っほっほっほ!!!」

桐乃
「ん~♪」カリカリカリカリ

あやせ
「あぁぁ~~っはっはっはっはっは!? 何っ、ははは、なんで聞いたのっやははははっ!! くすぐったいぃぃ~~っひっひ!! くすぐったいからやめてぇ~~!!」

桐乃
「涙まで流してる♪ ん~、どうしよっかなー?」コチョコチョ

あやせ
「お願い桐乃ぉぉ~~っはっはっはっはっは!!!」ブンブン

桐乃
「じゃあ、なんでもする?」コチョコチョカリカリ

あやせ
「きゃっはっはっ~っはっは……なっ! なんでもするからぁぁ~~っはっはっはっはっはっは~~!!!!」ビクビク

桐乃
「……♪」ピタッ

あやせ
「……げほっ、げほっ……え、……桐乃?」ゼェゼェ

桐乃
「なんでもするんだよね、あやせ?」ニコニコ

あやせ
「え、……あ、その……」アセアセ

桐乃
「んじゃあ、あやせ、歯磨きしよっか♪」ニッコリ

あやせ
「へっ?」

~~~

桐乃
「あったあった!」タッタッタ

あやせ
「な、何……?」オソルオソル

桐乃
「じゃーん。京介ったらさ、毛が開いた歯ブラシいつまでも捨てずに取ってんだよね。ホンット貧乏性最悪っ」

あやせ
「……?」

桐乃
「って思ってたんだけど、こんな使い道があったなんてね♪」スチャッ

あやせ
「え……桐乃、私の足の指持って何す……まさかっ!?」アセッ

桐乃
「は、み、が、き、上手かなぁぁぁぁ~~↑↑↑」ガシュガシュガシュガシュ

あやせ
「ひぎゃぁあぁああ~~~ははははははははははは!!!?」ビクビクビクッ

桐乃
「くちゅくちゅ♪」ガシガシガシ

あやせ
「やだぁぁあっはっはっっはっはっはっは!!!」

桐乃
「しゅわしゅわ♪」ジョリジョリジョリ

あやせ
「きりっ、いぃぃ~~ひひっひひひひひひひひひひ!!! だめぇぇ~~ひゃはははははははははは!!!」

桐乃
「くちゅくちゅ♪ しゅわしゅわ♪」ガリガリジョリジョリ

あやせ
「歌あぁぁっはっはっっは歌やめっ……やぁぁはははははははははは!!! 歯磨きじゃないぃぃ~~ひひっひっひっひっひぎゃぁぁあはははははははははは!!」ビタンビタン

桐乃
「しあげはおねぇ~さ~ん♪」スチャ、スチャッ

あやせ
「ひぎっ……えっ、に、二本!!? 桐乃やめて! そんなの死んじゃ――」

桐乃
「グリグリ!」グリグリグリグリ

あやせ
「ふぎゃぁあぁあああ~~~~ぁぁぁぁ!!!」

桐乃
「シャカシャカ!」シャカシャカシャカ

あやせ
「はぎゃひゃひゃひゃひゃひゃあはははっ!!!」

桐乃
「親指~♪ 中指~♪ 小指~♪」グリグリシャカシャカ

あやせ
「あひゃっひゃっひゃっひゃっひゃダメえぇぇぇひゃひひひひひひひひひ、死んじゃうぅぅ~~ひひひひひひ、桐にょぉぉ~~ほひひっひひひひひ!」ビクビクビクビク

~~~

桐乃
「食べたら、磨く、約束げんまん♪」ニッコリ

あやせ
「…………は、はひっ……はひっ……」グッタリ

桐乃
「ありゃ? まだ80ループだよ~~」ペチペチ

あやせ
「……あへ……はひ……」ピクピク

桐乃
「し、死んでる……っ!(嘘)」ガーン

「ま、いっか。次は誰にしよっかなー♪」ケータイカチャカチャ


(完)