とある中学校で、写生大会が数日後に迫っていた。
 写生大会で展示される絵は、三人の学生審査員によって賞が与えられる。
 そこで美術部のメンバーは、ある生徒のひとり勝ちをもくろみ、三人の学生審査員を買収しようとしていた。

「……せ、先輩達……、な、なんでこんなこと、するんですか?」

 美術室で涙目になって声を震わせるのは、一年生の成績優秀者涼風優衣(すずかぜ ゆい)であった。
 木村由香に負けないかわいらしい顔立ちで、髪の毛はショートカット。スカート丈も膝丈まで伸ばして、いかにもまじめでおとなしい優等生タイプである。
 両手首を後ろに縛られて、両足ともすでに足枷にはめられていた。
 シューズを履いた足が二つ、木の板からにょっきりと生えて見える。

「そもそも成績優秀って理由で絵の審査員に選ばれるシステムがおかしいと思うんだけど……、どう? 涼風優衣ちゃん」
 部員のひとりが言うと、優衣はびくっと肩をふるわせた。
 相当びびっているようだ。
「わっ、わかりません……。ご、ごめんなさい」
「君のせいじゃないとはわかってるんだけどね。……さて、涼風ちゃん。今度の写生大会、木村由香に一票入れることを約束してくれないかな?」
「え……ど、どういうことですか……?」
 優衣はびくびくと聞き返す。
「成績優秀者のくせに頭悪いのかな? 八百長やれってお願いしてるの」
「やっ、八百長って……、そ、そんなのは、悪いことだと……思います」
「きっとそう言うと思ったよ。だから、さっそく説得に入らせてもらうよ」
「えっ?」
 すると、部員達は優衣のシューズを脱がし、次いで少し足の裏の部分が汚れた白いクルーソックスも引っこ抜いた。
 小さく悲鳴を上げて足の指を丸める優衣。

 そんな優衣の素足の足の裏を数十本の指が一斉に這い回る。

「きゃっ!!!? ひゃっ……ひゃひっ、くふっ、くひひひひひひひひひひひひひひひっ……あぁぁああぁっはっはっはっはっはっはっはっはっは~~!!!」

 優衣は一瞬がんばったものの、すぐに堪えきれず大笑いしてしまった。

「くひゃははははははははっ!! ひぃぃ~~っひっひっひっひっひっひっひ! ふにゃぁぁぁ~~!!」

 優衣の小さな足の裏を、虫のように部員達の指が蠢いている。
 かなりくすぐったいようで、優衣の足の指がめちゃくちゃに暴れている。

「うにゃっはっはっははっはっは!? やめっ、……ほねがっひゃぁぁああっはっはっはっはっはっはっはっは~~!!!」

 優衣は涙を流して笑い叫ぶ。

「さっきの約束をしてくれるなら、やめてあげるよ?」
 部員のひとりが言うが、優衣は聞こえているのかいないのか、ただ大笑いするだけで反応を示さなかった。
「仕方ないなぁ」
 優衣の左足の指五本が全開に引っ張り伸ばされた状態で縛られた。
 
「やぁぁぁあはははははははっ!!! やめひぃぃぃ~~っひっひっひひひひひぃひぃひぃ!!!」

 優衣は、まったく動かすことのできない左足の裏を豚毛筆で撫でられ、悲鳴を上げた。

「あひぃぃぃぃ~~っひゃひぃいひひぃいひひぃいぃ!!? はにゃぁあぁぁぁひゃひひひひひひひゃひゃひゃひゃぁぁあ~~!!!」

「豚毛のジョリジョリにいつまで堪えられるかな?」
 複数の部員が、豚毛で優衣の足の裏をくすぐる。
 足の指の間から、かかとまで、くまなく掃除をするように。

「うひぃぃぃ~~っひぃぃっひぃひぃひゃ!!!? がぎゃぁっぁあひゃひゃひゃひゃっふげぇぇぇえひゃぁぁ~~!!」

 優衣の可愛い顔は、汚らしく歪んでいた。
 鼻水を噴出しながら白目をむいて馬鹿笑いする優衣。
 変顔コンテストなら最優秀賞を受賞できそうだ。

 かなりの時間がんばったが、優衣も堪えきれなくなったようで、
「うひょひゃひゃひゃひゃっ!! ぎむらざんに入れるぅぅぅ~~~うひひひひひひひひひひひっ!!! ぎむらざんっ!!! ひぃぃ~~ひっひぃぃぃ入れますからぁぁぁあ~~っひゃっはっはっはっはっはにゃぁぁぁぁあ!!!」

 学生審査員のふたりめ一年生の涼風優衣も落ちた。
 美術部は、最後の学生審査員を懐柔する準備にとりかかった。


つづく


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 買収モノって理不尽さが際だって大好きです。制服の種類は想像にお任せします! 靴下だけ指定してスミマソン。白いソックスの方がちょっとした汚れ描写ができますから!
 こちらで名前を使ったキャラと同姓同名ですが別人の設定です。大昔に書いた小説からキャラだけ引っ張り出してリメイクして遊んでいたら重複事故を起こしてしまいました。