黒猫
「……ぅ……」ピクッ

桐乃
「……あ、起きる?」

黒猫
「…………っ? え?」パチクリ

桐乃
「やっと起きた。黒いの」

黒猫
「………なんで私が、あなたの部屋のベッドの上で、両腕を体側につけてまっすぐ伸ばした状態で、ロープでぐるぐる巻きにされているのかしら?」ギシギシ

桐乃
「描写どうも。やっぱり黒いのって言ったらゴスロリ服かと思って」

黒猫
「あなた、まったく会話になっていないわ。というか、なんでストッキングまで脱がされているの?」

桐乃
「わひゃらっ! 黒いのの足白ーい! 驚きの白さ! はごろもっフーズ!」ドタバタ

黒猫
「あなた、トンカチで頭を打ったのかしら? 哀れね。お兄さんが気の毒だわ」フン

桐乃
「黒いのの足の裏は、び~んか~んなのかなぁ~!?」ワキワキ

黒猫
「足の裏って……え、まさか! あなた、その手の動き……っ」

桐乃
「引きこもりの足とかやっべ! 超やっべ! 柔らかそう! 萌えるぅ~」ジュルリ

黒猫
「あなた! 本当にどうしたの!? やめなさい! 寄ってこないで――」ギシギシ

桐乃
「♪」ツンッ

黒猫
「んひぃぃぃぃっ!!?」ビクンッ

桐乃
「うっは! 人差し指一本で最高の反応! こりゃたまらんわい!」ゲッヘッヘ

黒猫
「ちょっ……あ、あ、話し合いましょう! まずは話し合って打開策を――」

桐乃
「焦る黒いのテンションあがるぅぅうぅぅぅぅ!!!」コチョコチョ

黒猫
「にゃはははははっ!?」ビクビクッ

桐乃
「やっべ、ちょ~楽しいぃぃぃぃ~~!!」コチョコチョスリスリ

黒猫
「ふにゃははははははは!? ちょっ、ちょっははははははっ! やめなさい……っ!! やめなさいってぇぇ~~ふひゃはははは!」

桐乃
「天使ちゃんの踵赤ちゃんみたいでかわいー」クールクルー

黒猫
「ふひひひっひひひひひっ!! な、何言ってるのっ!! やめてぇぇ~~ひっひっひっひっひっひっひ!!」

桐乃
「だって同じ声じゃ~ん? おおおっ! 足指しまってくるぅぅぅ!」グ゙リグリ

黒猫
「ふにょぉほほほほっ!? そんなところ指つっこま――っあははははははははは!!!? そんなメタ発言やめにゃぁぁあひゃはははははははっは!!!」ギチギチ バタンバタン

桐乃
「天使の誇りを失った堕天使には制裁じゃ~」カリカリカリカリ

黒猫
「付け根はだめっははははははははっ!!! 付け根はだめなのぉぉ~~ひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!!」ビクビク

桐乃
「じゃあいったんやめたげる」ピタッ

黒猫
「……え」

桐乃
「……そのかわりさ、これからあたしの『犬のおまわりさん』聴いてくれる?」ニヤニヤ

黒猫
「いっ……意味がわからないわ! なんであなたの歌なんて――」フン……

桐乃
「♪」ガリガリガリコチョコチョコチョ

黒猫
「ぶにゃひゃっはっはっはっはっはっは!!? いぃぃぃぃやぁぁぁっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!!」ガタガタバタバタ

桐乃
「をっほ~~! 土踏まず爪でひっかくと効くぅぅぅ~~!」ガリガリガリガリ

黒猫
「おひょひょひょひょっ!!? ひゃめてっひゃめひぃぃぃ~~ひひひひひひひひひひひひひひ!!!」クネクネ

桐乃
「子猫ちゃんの肉球ぷにぷにぷに~♪」モミモミモミモミ

黒猫
「ふひゃひゃひゃひゃひゃひゃっ肉球なんかないぃぃぃひひひひひひひひひひひ!!」

桐乃
「お客さ~ん、こってますね~?」コチョコチョコチョコチョ

黒猫
「こってないぃぃぃっひっひっひっひっひっひっひ!!! こってないからぁぁぁっはっははははははははっふひゃぁぁ~~!!」

桐乃
「ん~? なんですって~? お客さん、聞こえませんよー?」グニグニグニグニ

黒猫
「ふひゃひゃわかった! わかったわぁぁぁっひゃひひひひひひひひひっ!?」

桐乃
「何がわかったのかなー? あたし、全然わかんないー」コチョコチョ

黒猫
「犬でもなんでも聴くからやめてぇぇぇぇひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!!」

桐乃
「……♪」ピタッ

黒猫
「……ゲホゲホっ」ゼェゼェ

桐乃
「♪」ニコニコ

黒猫
「……あ、お、お願い……もう、くすぐりは、勘弁……」ヒィヒィ

桐乃
「準備してくるから待ってて! こ~ね~こ~ちゃん♪」ニッコリ

黒猫
「……っ」

●●●

桐乃
「あったあった!」タッタッタ

黒猫
「な、何……?」

桐乃
「じゃーん。迷子の子猫ちゃんには、やっぱこれだね。ねこじゃらしー!」

黒猫
「ちょっ!? あなたっ! そんなもので……っ、やめて!! ああっ、私の足の指から手を放して!」ブンブン

桐乃
「迷子の迷子の子猫ちゃん~、あなたのお家はどこですかぁぁぁぁぁぁ↑↑↑」ゾワゾワゾワ~

黒猫
「にゃぁあぁあああはははははははははははっ!!! うにゃぁぁぁあっひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!!?」ビクビクビクッ

桐乃
「お家ーを聞いてもわからにゃい♪」サワサワサワ

黒猫
「やぁぁああぁぁひゃひゃひゃふひひひひひひひひひ!!!」

桐乃
「名前ーを聞いてもわからにゃい♪」シュルシュルシュル

黒猫
「にゃぁぁぁっはぁぁっぁ~~ひゃめなしゃいっ!!! ひゃめなしゃいってぇぇぇっへっへっへっへっへっへっへ!!!」

桐乃
「にゃんにゃんにゃにゃーん♪ にゃんにゃんにゃにゃーん♪」

黒猫
「ふにゃぁぁぁっひゃっひゃっひゃっひゃ!? なんでそんな歌あぁぁぁぁっひゃっひゃっひゃひゃっひゃひひっひひひひぃぃ~~!」ギッタンバッコン

桐乃
「なーいてばかりいる子猫ちゃん♪」ザワザワシュルシュル

黒猫
「あなたが泣かしてやぁぁぁひゃひひひひひっひひひひひひひひひ!!!」

桐乃
「いっ、ぬっ、のぉぉ~~おまわりさん!」ネコジャラシポーイ

黒猫
「ふぎゃぁあぁあっ……!!! え……」

桐乃
「困ってしまってぇぇ???」ワキワキ

黒猫
「いっ……や、やめてっ……おねが――」

桐乃
「こちょこちょこちょこちょこちょ♪」

黒猫
「ぶにゃひゃっひゃっひゃ!!? しにゅぅぅぅぅうひひひひひひひひひひひひっ!!! 笑い死ぬぅぅぅううっひゃひゃはははははははっはははやぁぁぁぁ~~っはっはっはっはっは~~!!!」ビクンビクン ビクビク

~~~

桐乃
「ま、い、ごのー、ま、い、ごのー♪」

黒猫
「…………あへっ……あへっ……」グッタリ

桐乃
「ありゃ? まだ160ループだよ~~」ペチペチ

黒猫
「……ふにゃ……ひへへ……」ピクピク

桐乃
「し、死んでる……っ!(嘘)」ガーン

「ま、いっか。次は誰にしよっかなー♪」ケータイカチャカチャ


(完)