春香
「おはようございます」ヒソヒソ

「……ただいま朝六時を回ったところ。私は今、美希の眠るコテージに足を踏み入れました」

「おっ! ベッドの上で布団にくるまっています。背中をまるめて、赤ちゃんみたい。昨日の練習でよほど疲れたんでしょう。さっそく、起こしてみたいと思います……」

ガサゴソ

美希
「う~ん……」ゴロン

春香
「!?」

美希
「むにゃむにゃ」

春香 
「ほっ。どーやら大丈夫だったようです」ヒソヒソ

ガサッ

春香
「まずはコチラ。毛筆です! 視聴者さん、筆ですよ、筆! 『新年書き初め大会』ではお世話になりました。これで……」

足裏サワッ

美希
「……んにゅ」ピクッ

春香
「ふふ」サワサワサワ

美希
「んっ、んっ……んふぅ」ピクンッ

春香
「視聴者さん、表情見えてますか? ちょ、コメント流れすぎて見えませんよ! 自重してくださ――……あっ!」

美希
「あふぅ……むにゃむにゃ」

春香
「足をひっこめられてしまいました。さて、どうしましょう。視聴者さん、アンケートですよ、アンケート!」

~~~

春香
「……というわけで、『布団をはぐ』が98%ということで、続行します!」

バサッ

美希
「うぅ~ん……」

春香
「見てください! 視聴者さん、おへそですよ、おへそ! 丸出しです」ペロン

「……ん、『めくってんじゃねーか』ってコメントが流れてる気がしますが、……さておき」

おへそチョン

美希
「にゅんっ!?」ビクッ

春香
「ぶっ」

「……すみません、つい吹き出して。変な声出すからぁ。これはおしおきが必要ですね」サワサワ

美希
「んふふひゅぅぅ~~」ピクピク

春香
「口をもごもごさせて苦しそうです! あっ、と、右手で妨害が! ちょ、こらっ」

ガタンバコン

美希
「むにゃむにゃ」

春香
「筆を奪われてしまいました……」ショボン

「というわけで、視聴者さん! 再投票ですよ、再投票!」

~~~

春香
「『たわし』が90%ということで! 視聴者さんやる気まんまんですね!」

「わっ、結構硬いんですね。これ、たぶん痛いと思うんですけど……」

「あ、コメントが……『足裏なら問題ない』? あ、そうですか。じゃあやります」

ガシッ

美希
「うにゃ……?」

春香
「視聴者さん、ショータイムですよ! ショータイム!」

ガシガシガシガシガシ

美希
「……――んきゃぁああああああああはははははははははははなっ、何ぃぃ~~~ひひひひひひひひ何なのぉぉ~~~!!?」ビクビクビク

春香
「うおっと、暴れます、暴れます! すごい力です!」ガシュガシュ

美希
「いやぁあぁははははははななな春香あぁぁあははははははは!!!?」ビクビクジタバタ

春香
「はいっ! 視聴者さん、『キター』コメントありがとうございます!」

「さて、ドッキリ大成こ――え? なんですか? コメント……『まだ起きてない』? わかりました! 続行します!」

ガシガシガシガリガリガリ

美希
「いぃぃ~~やぁぁあっはははあははは何コレぇえぇははははははははは!!! ドッキリ!!? もう起きた!! もう起きたのぉぉぉ~~はははははははははは!!!」ビクビク

春香
「ごめんなさいADさんも押さえてください! この子、寝相が悪すぎるんです!」

美希
「寝相じゃないぃぃひひひひひひひひひひっ!!! 起きてるっ起きてるのぉぉ~~ひひひひひひひいぇぁめてなのぉぉ~~ひゃっはっはっはっはっはっはは!!!」

春香
「はい? 『いいぞもっとやれ』? 了解しました!」ガシガシガシ

美希
「いやぁぁぁああはははははっはははは春香あぁぁああやめりゃぁぁぁっはっはっはっはっはっはっは!!!」

~~~

春香
「本日の放送のアンケート結果ですが、視聴者さん! 『すごくよかった』99%ですよ! 99%! ご視聴、ありがとうございました! 来週も是非見てくださいね!」


(完)