くすぐり作文晒し場

カワイイ女の子の靴下脱がしーの足の裏をコチョコチョしちゃう系小説投稿ブログ! 本番行為は一切無しなので、健全な18歳児でも安心してお楽しみいただけます!

2018年10月

「とりっくおあとりーと」をそれらしく発音するとなんとなく「くすぐり」に聞こえる聞こえない

「「トリック、オア、トリート!」」
 10月31日夕方、二人の少女の元気な声が、人里離れた洋館に響いた。
 隠遁生活を送っていた呪術師、山加賀森富一(やまかがもり とよいち)は目を見開いた。
 かれこれ10年、来客など訪れていない。
 彼女たちはいったい何の目的でやってきたのか? とりっくおあとりーとってなんだ? 呪文か?
 富一はいぶかった。
 二人の少女は、明るい笑顔を浮かべ富一の様子をうかがっている。
 歳のころは10~13歳ぐらい。顎のラインで短く髪を切りそろえたはつらつとした笑顔のまぶしい女の子と、肩までの天然パーマヘアで目玉がぎょろりとしていて作り笑顔になれていない印象を受ける女の子だ。
 二人とも黒いローブととんがり帽子をかぶって、西洋の魔術師に見えたが、敵意があるようには見えない。
 富一は外来語に疎かった。
 知識を総動員して「とりっくおあとりーと」を解釈する。
 そういえば、「くすぐり」という英単語がそんな雰囲気だった気がするぞ。
 富一はその場で呪術を使って触手を生み出し、二人の女子を捕縛した。

~~~

「なにするの! おじさん、やめて! いたいけな女子中学生を触手でからめとって家の中に連れ込むなんて、お縄だよ!」
 短い髪の女の子が叫んだ。
 パーマの女の子は声も出ないほどにおびえている。
 家の中に引き吊り込まれた二人は、全身に触手をからめ、両手足を大きく広げた状態で宙づりになっている。
 富一は首をかしげる。
「だって君たち、とりっくおあとりーとをしてほしいんだろう?」
「そりゃほしいけど……ってか、おじさん、トリック・オア・トリートの発音悪すぎ! おじさん、トリック・オア・トリート、知らないんじゃないの? 大人のくせに」
 身動きの取れない状態で挑発してくる短髪少女。
 富一はかちんときた。
「とりっくおあとりーとぐらい知ってるし! いまに見せてやる!」
 富一は触手をけしかけ、短髪少女の大きく引き伸ばされた腋の下をくすぐった。

「ひぁっ!? きゃははははははははっ」

 彼女は、途端に甲高い声で笑い出した。隣のパーマ少女が「ひっ」とおびえた声を上げた。
 おとなの親指大の太さの触手が、わらわらと枝分かれして、短髪少女の腋、あばら、脇腹に群がった。

「あはっはっはっはっはっは!? なでっ、おじさんにゃめてぇぇえっはっはっはっはっはっはっはっは~~!!」

 少女は目に涙を浮かべ、身をよじって笑う。
 富一は、さっきまで生意気な態度を示していた彼女の無様な姿を見て、得意になる。
「大人をなめるんじゃないよ」

「やははははははっ、ごめんなさいぃいひひっひっひひっひっひっひ~~!!!」

 短髪を振り乱して笑う少女。
 富一はパーマ少女に向き直った。
「さあ、次は君がとりっくおあとりーとする番だよ」
 富一が触手をけしかけようとしたところで、
「……あの」とパーマ少女がおそるおそる口を開く。「おじさん、……トリック・オア・トリートと、『くすぐる』を意味する英語のティックル、間違えてませんか……?」
「なん……だと……?」
 富一は頭が真っ白になった。
 パーマ少女はおそるおそるといった風に、
「……おじさん、ハロウィン、知らないですか……? トリック・オア・トリート『お菓子をくれなきゃいたずらするぞ』ってことなんですけど……」
 控えめで言いにくそうな彼女の態度は、富一の自尊心を傷つけた。
 無知を暴露され頭に血が上る。
「……じゃあ、これが俺のいたずらだ」
「えっ」
 富一は触手にけしかけて、パーマ少女の足元へ触手を集めた。
 ブーツを脱がすと、学校に穿いていくような無地の白いソックスが現れる。西洋の魔女にはまったく似合わない。触手は、そのソックスまでも脱がしとった。小さな白い素足が露わになる。
「やっ!? やめてください! おじさん、これ、トリック・オア・トリートじゃないです!」
 パーマ少女は何をされるのか予想したらしく、慌てふためいた。
「だから、俺のいたずらだって言ってるんだよ。君たちがお菓子をくれないからいたずらをするんだよ」
「そういうのじゃないです……! 仮装した人が家を回ってお菓子をもらうっていう趣向の――」
「問答無用」
 男は触手に命じ、パーマ少女の素足をくすぐった。

「い゛っ!!? いぃぃいひゃははははははははははははははっ!!」

 小さな触手が少女の足の裏でうごめく。彼女は途端に大口を開けて笑い出した。

「や゛ぁああ、だはははははははっ!!? いひひひひひひひ、あひぃいいひひひひひひひひひ~~!?」

 パーマ少女の足指がくねくねとくすぐったそうに暴れた。
 先ほどまでおどおどと自信なさそうな表情を浮かべていた彼女が、破願して大笑いしている。
 富一は、勝ち誇ったような高揚感に満たされた。
「お菓子をくれないからこういうことになるんだよ」

「ひゃっはっはっはっは、だかっ……、そういんじゃないぃいひっひっひっひっひっひいっひ~~!!!」

 パーマ少女は泣きながら抗議した。
「まだ言うか」
 富一は、触手を動かし彼女の足指をからめとる。細い触手が足指を引っ張り伸ばし、土踏まずが反り返る。そこへ、わらわらと無数の触手が襲い掛かった。

「ひぎゃぁあぁ゛ぁ゛あぁあははははははははははっ!!!? あぎゃぁあははははははあはっ!!!」

 パーマ少女は目を見開き、悲鳴のような笑い声をあげた。

「無理無理ぃ゛いいひひひひひひひ、ひんじゃうぅぅひひひひひひっ!!? 足がこわれりゅぅぅうっひっひっひっひっひっひっひっひ~~!!!」

 くすぐられている足の裏は、指一本動かせないよう拘束されているために、土踏まずがひくひくと微動するだけだ。
 くすぐられていない上半身の方が暴れ狂っている。

 富一がパーマ少女の相手に夢中になっていたところで、

「あはははっ!? あひゃぁっ、あぁぁあああああああああああっ!!!!!」

 隣の短髪少女が一段と大きな悲鳴を上げて、失禁した。ローブが黒く湿り、太ももを伝って尿が滴り落ちた。
 腋の下から脇腹、膀胱周りを散々にくすぐられ、耐えきれなかったようだ。
「あーあ、床が汚れちゃったじゃないか。これはきついお仕置きが必要だな」
 富一は触手に命じ、短髪少女のブーツとソックスも奪い取った。

「やあぁあ゛ああははははははははっ!!? もうくすぐりはい゛や゛あぁああっははっはっはっはっはっははっはっは~~っ!!!」

 短髪少女はびくびくと全身をけいれんさせた。

「連帯責任だ」
 富一は、パーマ少女の上半身にも触手をけしかけた。

「あがぁ゛ぁあ゛ひゃひゃひゃひゃひゃっ!!!? せめてどっちかぁ、足か腋かぁ、どっちかにしてぇえげひぇひゅへへへへへへへへっ!!!」

 パーマ少女は下品に鼻を鳴らし舌を出して笑い狂っている。

 富一がさらに触手を増やし、二人の全身をくすぐりまくっていると、
「「「トリック・オア・トリート!」」」
 かわいらしい女の子の声が複数、玄関から聞こえてきた。
 富一は頬をほころばせた。
 今夜はまだまだ楽しめそうだ……。


(完)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 十数年前までは「ハロウィンを祝うこと」自体が珍しくて、ネタ扱いされていた気がします。











ロリマゾ駿河くすぐられ欲求

 神原駿河(かんばる するが)は自身の性癖を誇りに思っている。
 ロリコンで、マゾヒストである。
 よって、台の上でX字に拘束された上に、見かけ小学生ぐらいの少年少女にサディスティックな笑みで見下ろされるのは、至上の喜びであった。

「えぇ、お姉さん部屋でいっつもそんな格好なのー?」
「気持ちワル~い」
「露出狂なの?」

 まさにその通り。最高の褒め言葉であった。
 駿河は、下着と超絶短いホットパンツしか身につけていない。
 彼女は、部屋で、ひっそりとひとり欲求不満を満たしていたところ、突如乱入してきた少年少女に拉致され、拘束されたのだった。
 危険きわまりない状況に、駿河は興奮を抑えきれない。

「お姉さんをいじめるように言われたの。ごめんね」

 少女のひとりがそう言うと、全員でよってたかって、駿河の無防備に晒された素肌をくすぐりはじめた。

「ふへへへへへへへひゃぁあぁぁ~~はぁぁぁぁ~~!!!」

 途端に笑い声を上げる駿河。
 少年達の非常に小さな指100本近くが、駿河の体を這い回る。

「ひゃぁぁぁ~~っはっはっはっはっはうひゃぁぁぁあああ!!?」

「うわぁ……こんな格好してるくせに、敏感すぎ」
「涎流して喜んでるし」
「気持ち悪い……」

 くすぐりながら、少年少女は口々に悪態をつく。
 露出した鎖骨、あばら、脇腹、お腹、むっちりと伸びた太もも、膝裏、足の裏まで、あますところなくくすぐられ、駿河は顔を真っ赤にして笑う。

「うひゃっはっはっはっははっははっははぁぁぁひゃぁぁぁあああ!!!」

 駿河は必死に思考を巡らせた。
 どう言えば、この少女達は、もっと激しく自分を責め立ててくれるのか。攻め立ててくれるのか。

「お腹びくびくしてる。うける」
 少女のひとりはそう言うと、露出した駿河のおへそへ指を突っ込んだ。

「んひゃぁぁ~~っはぁぁぁぁ~~!!!」

 これだ!

「あひゃっはっはっははっは、そこはやめろぉぉ~~弱点だぁぁぁっはっはっははひゃぁ~~!!!」

 駿河は首を左右に振りながら叫んだ。

「弱点て……」
「普通自分で言う?」
「馬鹿じゃないの」

 少女達は蔑んだ目を駿河へ向けた。
 駿河は大満足だ。

「てか、全身弱いんじゃない? こんなに反応いいし」
 足の裏をくすぐっていた少年が、駿河の足指を反らして、ガリガリと爪を突き立てた。

「ひゃぁぁぁはっっはっはっはっはうひゃらぁぁあっはっはっははは~~!!!」

 駿河は膝をがくがくと揺らして笑った。
 たまらない。

 駿河は、少年少女の蔑む視線、罵詈雑言、激しい擽り責めに、悶え、喜びのあまり白目を剥いて気絶してしまった。
 ハッと気付いた駿河は自室に倒れていた。
 股間が濡れている。
「……い、今のは?」
 欲求不満が高まりすぎたための白昼夢だったのかもしれない。


(完)









琥珀 ~ロリ返りの薬、翌日くすぐり~

 琥珀が秋葉にロリ返りの薬を盛った日…の夜、琥珀は怒りの秋葉の手で十字架にくくりつけられた。

「秋葉様! 私はただ、常日頃から素直になれない秋葉様の態度に――」
「黙りなさい」

 琥珀の弁明を、秋葉はピシャリと断じた。

「よくもあんなわけのわからない薬を、おかげで……おかげでぇ……っ」

 秋葉はわなわなと怒りに肩を震わせた。
 ロリ返りをした秋葉は学校で一日中兄の服にしがみつき、果てはトイレまで同席するという醜態をさらしたのだ。
 思い出すだけで、秋葉の怒りは頂点に達し、さらに遙かな高みへ突き抜けた。

「私の羞恥、身をもって思い知りなさい」

 すると、琥珀の十字架の後ろから十本の腕が生え出てきて、いきなり琥珀の体をくすぐりはじめた。

「あっ、あはははははははははははっ!!? やっ、秋葉様やめぁぁあっははっはははっはっは!!!!」

 腋の下、脇腹、お腹をくすぐられ、琥珀は涙を流し大笑いする。
 足元の手は、琥珀の足袋を脱がし取り、素足をくすぐりはじめた。

「やはははははあはははっ!!! あぁぁ~~っはっはっはっははっはっはは!!!」

 体を引き伸ばされたまま身動きが取れず、琥珀はただビクビクと体を痙攣させて笑い悶える。

「やっははっはははは、秋葉様っ……あひゃっ!? おゆるしっ、おゆるしをぉぉ~~ひゃひゃははははははは!!!」

「許さない……絶対に……」

 秋葉はギリギリと歯ぎしりを立てながら般若の形相を、笑うことしか出来ない琥珀に向けた。

「あぁぁぁあ~~っははははははははホントにぃぃぃ~~死んじゃうぅぅぅっひっっははっはははっははっはは!!」

 そのとき琥珀は、笑顔でしか苦痛も恐怖も表現することができなかった。 
 秋葉の怒りは、なかなか収まりそうになかった。


(完)









不思議なホロあし

「……っ?」
 ホロは突然の体の異変に戸惑った。
 突然しっぽがくねりはじめ、自身の靴を脱がし始めたのだ。
「な、なんじゃこりゃ?」
 まったく制御がきかない。
 しっぽはそのまま、むき出しになったホロの素足の足の裏をさわさわなで始めた。

「うひゃっ!!? はっ、なひゃっ、なんじゃっひぃっひひっひ、ぞわぞわするぅ」

 足を引っ込めようにも、足の指がぴんと張って動かない。

「ひゃははははっ、やめっ、やめんかふひひひっひひひひひひ~~っ!!」

 ホロの笑い声がどんどん激しくなる。
 まるで、体が何者かに乗っ取られたかのようだ。

 しっぽの動きはさらに激しさを増し、思い切りさらけ出された足の裏をばっさばっさと掃除するように動く。

「あひゃひゃひゃひゃひゃっ!!! やめぇぇぇ~~やだぁぁぁっはっはっはっはっははひぃぃ~~!!!」

 ホロは体が思うように抵抗してくれず、涙を流して笑う。

 しばらくして突然両手足しっぽの感覚が戻り、同時にしっぽの動きも止まった。

「ひひふひひひひっ……にゃ?」

 ホロはしっぽを動かしてみたり、両手足を振ってみたりして、感覚を確かめる。

「……ひ、ひひぃ……、わっちのからだ、何が起こっとりゃぁ……の?」


(完)


累計PV数
メールフォーム

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ