くすぐり作文晒し場

カワイイ女の子の靴下脱がしーの足の裏をコチョコチョしちゃう系小説投稿ブログ! 本番行為は一切無しなので、健全な18歳児でも安心してお楽しみいただけます!

2021年02月

くすぐり裏ビデオ撮影会 #8

「やっはっははっはっははっはっは!? コチョコチョやめてぇぇえぇ~~へはははっはっはっははっはっは~~!!」
 先ほどまでコノミがくすぐられていたベッドにて、四肢をX字に拘束されてくすぐられているのは、コノミの友人イナであった。イナは学校帰りにコノミと遊ぶ約束をしていたらしい。
 コノミよりさらに小さく細いイナの体に、おじさんたちの太い指が襲いかかる。
「お嬢ちゃん可愛いね!」「まるでお人形さんみたいだ!」「ソックス新品かな? 無臭だ」「大笑いさせてあげれば、汗かいて良い香りがついてくるぞ!」
 おじさんたちは好き勝手言いながら、イナの腋、脇腹、股間、素足の足裏をくすぐりまわす。
「やらあぁあっははっはっははっはっは、おじひゃんだれぇぇっへっへへっへっへっへへ!!!? たふけてぇぇえぇぇ~~っへっへっへっへっへっへっへ~~!!!」
 マナミにとっては一度か二度しか面識のないイナ。妹の友人イナまで巻き込んでしまったことに、マナミは胸が痛んだ。

(つづく)




くすぐり裏ビデオ撮影会 #7

「いだっははははははははははは!!? マナミぃぃぃいっひっひっひっひ、説明しろぉ~~あはははっはあははははははは!!!」
 スズがおしっこを漏らしたベッドにて、マナミの妹コノミがくすぐられている。コノミの学校の制服はおしゃれなボレロ。せっかくのかわいらしいボレロが、コノミとおじさんたちの体液でべとべとだ。
 コノミもまた、X字に拘束され、無防備なからだじゅうをおじさんたちにくすぐりまわされている。
「ふぅ。〇学生はたまんねぇな!」「一日学校頑張った足の裏はコチョコチョし甲斐があるなぁ!」「指までしゃぶってやんよ!」
 華奢なからだにおじさんたちのごつい指が食い込む。コノミは小さな体をはげしくよじって笑う。細い腕や腰がちぎれそうな勢いだった。
「マナミぃいぃいい!!? うちが何したぁぁっははっはっはっはっはっは!!? プリンかぁぁ!? メロンパンか!? なんでも謝るからぁあぁっはっはっははっはっはっはっは~~!!!」コノミは泣き叫んだ。
「ほほ~~、コノミちゃん、いろいろ悪さしてるんだねぇ!」「だったらお仕置きでもっとコチョコチョしないとねぇ!」
 コノミは聞かれてもいない罪を告白し、さらに激しくくすぐられることになった。
 ボレロは一枚二枚と剥かれてゆき、下着が丸見えの姿にされる。
「あぎゃっはっはっはっはっはっは!!? ふじゃけんにゃあははははははははは!! こんなのぉ~~~マナミぃぃいひひひひひひ~~、ひどすぎんよぉぉ~~あははははははははは!!!」
 コノミはマナミを責め立てる。マナミは、友達や先輩、妹まで巻き込んでしまった罪の意識から、かける言葉が見つからない。
「嫌ぁあはははは、変態ぃいいっひっひひっひっひっひ!! うちぁあひぃ~~っひっひ、遊ぶ約束あったのにぃいいひいっひっひひひっひっひっひ~~!!!」

(つづく)





累計PV数
メールフォーム

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ