こんばんは。ertです。
くすぐりシーンが一瞬登場する一般ライトノベルを3つご紹介いたします。




一つ目。108年目の初恋。2 (ファミ通文庫)


とある中学校の旧校舎の付喪神コウちゃんは、90歳以上歳の離れた男の子新君に恋する108歳オーバーの乙女。新君の活躍で旧校舎の取り壊しは免れたものの、高校生になった彼と、最近すれ違い気味。先輩付喪神サンゴさんやイギリスから来た魔女リアンちゃんの協力を得てデートに臨むも、喧嘩に発展してしまう。コウちゃんは新君と仲直りするために奮闘する。


というあらすじ。
2巻で初めて登場する付喪神サンゴさんというのが、両性具有のエロ女教師。なにかにつけては女の子をいじくり回すのが好きなキャラ。彼女が本編中に3人の女の子をくすぐる描写があります。笑い声(悲鳴)の台詞までしっかりあるのは2人分ですが、サンゴさんのキャラが立っているため、妄想が膨らみます。
本編内容は特殊ヒロインの王道ラブコメです。建造物の付喪神を主人公にすることで、一人称視点にもかかわらず、通常では考えられない視点移動描写が行えるというおもしろさがあります。
1巻を初めて読んだときは、キャラもプロットも完成度が非常に高く続編や新作に期待が高まりました。2巻で打ち切りになってしまったのが残念でならない作品です。

商品ページは↓
108年目の初恋。2 (ファミ通文庫)
108年目の初恋。 (ファミ通文庫)




二つ目。四百二十連敗ガール2 (ファミ通文庫)


学園の女子420人全員に告白して、全員に振られたら任務完了! ひょんなことからそんなむちゃくちゃな企画(ツアー)に付き合わされることになったハル君は、ある日、水泳部の女子、布袋葵ちゃんをカラスから救い出す。ハル君は、更衣室で着替え中の水泳部女子達を盗撮していたところを見つかり、見事玉砕する。


書いててくらくらするあらすじでした。
2巻で登場する布袋葵ちゃんが、水泳部員達にじゃれ合いでくすぐられます。この葵ちゃんがいじられ系の真面目キャラという描かれ方をしているため、なかなかサド心がくすぐられる。メインヒロインのみゃーこが腰を舐められて失神、「あたしって昔から腰骨が一番敏感なの」というカミングアウトするシーンもあります。
本編内容は、下ネタ多めのスラップスティック系のラブコメ。基本的にほぼすべてのページに最低1個ギャグやボケが入っているので、シチュエーションコントを見ているような感覚で楽しめます。ストーリーの軸となる、『420人に告白して回るという企画』がなかなか愉快。清楚な女の子、可愛らしい女の子、綺麗な女の子などが、いかに恋が芽生えそうな予感がしても、最終的には「暴言で主人公を口汚く罵る」というオチに至る。豹変モノとして楽しめるのが個人的には気に入っているところでした。……だからこそ、打ち切りでもシリアス方向には持って行って欲しくなかった作品であります^^;

商品ページは↓
四百二十連敗ガール1 「四百二十連敗ガール」シリーズ (ファミ通文庫)
四百二十連敗ガール2 「四百二十連敗ガール」シリーズ (ファミ通文庫)
四百二十連敗ガール3 「四百二十連敗ガール」シリーズ (ファミ通文庫)
四百二十連敗ガール4 「四百二十連敗ガール」シリーズ (ファミ通文庫)




三つ目。渚のロブスター少女 (ファミ通文庫)


バンドウイルカのククーラと仲良しの、ツインテールかなづち女子中学生海老原深青ちゃんは、ひょんなことから海難救助を任務とする“正義の味方”にされてしまう。マッドサイエンティストの兄の開発したロブスター型海難救助スーツRユニットを身につけ、正義の味方レスキュー・エンジェル(ロブスター・エンジェル)として活動を始める深青ちゃん。兄は、深青ちゃんが泳げるようになるために助力する。深青ちゃんは親友ククーラの危機に直面し、選択を迫られる。


いわゆるおねロリ。お姉さんに深青ちゃんがくすぐられます。しかも挿絵付き。「足の裏やわき腹を少しさわられただけで、笑いころげそうになる」という表記もなかなかそそられます。
本編内容はシンプルな青春変身ヒーローモノ。ゆるゆるのまったりストーリーなので、さくっとほんわか時間消費することができる、90年代後半ラノベ感がちょっぴり残るノスタルジックな作品。

商品ページは↓
渚のロブスター少女 (ファミ通文庫)



1巻2巻にくすぐりシーンがあると打ち切りになるジンクス。なんとかならないかしら……
あと、ファミ通の編集にくすぐりフェチがいます。たぶん。