谷井はカラオケ店を訪れた。
「いらっしゃいませ」
 レジにはひとり。明るい茶髪をおさげにした店員だ。大学生だろうか?
「フリータイムで。あとクーポンあるんだけど」
 谷井はそう言って、彼女にアンドロイドの画面を見せた。

 ――

「きゃはっはっはっはっはっは!!」

「いひひひひひひひ、あひゃぁあああそこおぉぉ~~!?」

 レストルームで、大学生アルバイトの木本景(きもと ひかり)と、時間帯マネージャーの上杉明莉(うえすぎ あかり)の素足をくすぐりまくる。
 2人とも制服のスニーカーとクルーソックスは脱がせ、地べたにうつぶせ横並びに寝かせてある。
 谷井は2人のふくらはぎ辺りに座って、上向きになった2人の足の裏をくすぐっている。
 先ほどレジに立ってた景は、やや扁平足気味のエジプト型。時間帯マネージャーの明莉は、かなりの扁平足で白肌のエジプト型だ。

「あひやぁぁあははははは、そこそこそこぉぉ~~~ひひひひひひひひ!!」

 明莉が涎を垂らして喜んでいる。
 彼女は小指の付け根辺りをくすぐられるのが大好きなようだ。
 洗脳済みのため、目にはハートを浮かべ、とろとろの表情だ。
 新卒で入社して4年目らしいが、大学生アルバイトの景よりも若くみえるほど童顔だった。

「きゃっはっははっははっはっは、あひゃっはっはっはっはっは~~!!」

 一方の景は、土踏まずに爪を立てガリガリと引っ掻かれるのが好きらしかった。
 洗脳しているため抵抗はしない。しかし、体を上下に揺らし、両手をばたつかせているのは、よほどくすぐったい証拠だろう。

 カラオケ店の仕事は大変なのか、2人とも足は少し臭った。

 時間帯マネージャーの明莉の許可を得、客室監視カメラで、可愛い子がいないか、確認する。
「お」
 谷井の目にとまった個室では、高校生カップルがラブシーンをやっている。
 監視カメラがあることすら想像できないなんて。バカップルめ……。
 ソファに隣り合わせに座る、ガタイの良い男子とツインテールの女子。学ランと黒セーラー服という制服は、たしか東高のものだ。


(つづく)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 洗脳アプリとか洗脳ペンライトとか洗脳ノートとか。くすぐりモノでも量産されて欲しい^p^





クリックして投票する