平成
「ねぇねぇねぇねぇっ! 今日であたしクビってマジ!?」

令和
「平ちゃんいまさら何言ってるの!?」

平成
「しかも次のセンター、令和って噂を聞いたんだけど……」

令和
「センターって……。確かに元号は私になるけれど、平ちゃんはみんなの中で生き続けるよ」

平成
「きれいなこと言わないで! ああ、もう! あとでポケベル番号教えておいてよね。呼ばれたらすぐくること!」

令和
「古っ! 持ってないよ! ラインの時代になに言ってるの。90年代、確かにそうやってイキってる先輩いたけど……」

平成
「ああっ!? 令和、おま、昔を馬鹿にしたな! こうしてやるっ」コチョコチョコチョ

令和
「うへひゃひゃひゃっ!!? ちょっ、平ちゃんやめっ……ぷはっはっはっはっはっはっはっは!!!」

平成
「ほう。貴様、わき腹弱いのか。こちとらノストラダムスの大予言を待ちわびて夏休みの宿題に取り掛かるのが遅れたんだぞ! あの年の8月31日のてんてこ舞いと言ったら!」

令和
「それは毎年のことじゃんかぁっはっはっはっはっはっはっはっは~~!! あはぁっ!? そこやめてぇぇ~~へっへ!」

平成
「へそもチェックと。2000年問題に備えてろうそくや懐中電灯、非常食なんかを準備して年明けしたの知らないだろ!? むっちゃくっそドキドキしながらゆく年くる年見てたのに、0時すぎて何も起こらない肩透かしよ! 今にして考えれば、一般家庭の電化製品が、99から00に変わったぐらいでショートするとかありえないのよ、馬鹿ぁ! 爆弾が飛んでくるとか、インフラがストップするとかいうデマ! あの大騒ぎはなんだったのよ!?」

令和
「ふぇぇぇへへへへへっ!!? それはっ、……メディアが煽るからぁはっははっはっはっはっはっはは、私のせいじゃないぃいっひっひっひっひ」

平成
「令和。全身弱いじゃない! 次は腋いくぞ!」

令和
「そこはだめぇぇえ~~!!! やはっ!!? だはははははははははははははは~~っ!!!」

平成
「アニメが突然セル画から明るくなって驚いたり」

令和
「ちょおおおおおっ、指っ、指っ!! 骨にくいこませないでぇぇぇっははははっはっはっはっはっは!!!」

平成
「PHS(ぴっち)持ってる人より折れ曲がり式携帯電話持ってる人の方がイケてるグループ扱いされたり」

令和
「うはぁぁっ!? スカートっ、スカートめくらないでぇぇ~~!!!」

平成
「スカートは腰のところで巻くのが基本なのよ! それで、ベストの裾をびーって下に伸ばして……」

令和
「スカートの構造違うっ!! 今と違うからぁぁはっはっはっはっはっはは!!! 内腿やめてぇぇぇっへっへっへっへっへへっへっへ~~!!!」

平成
「ソックスがみぞいの流行ってるの謎なんだけど! ルーズソックス禁止から白ソ時代が一瞬で終わって、紺ソックス全盛期に至るの! 白ソ世代がめっちゃ狭くて、即オワコン扱いされたのつらいわ!」

令和
「やぁぁぁっ、脱がさないで! 靴下取らないでぇぇぇ!!」

平成
「ニコ動はおもろくて、ようつべはつまらないって言われてた時代なに!? ニコ生開設時は全ユーザーで20枠の取り合いで、リスナーもうp主もPCにへばりついてクリック連打してた意味わかんない時間の浪費!」

令和
「あひゃぁぁぁぁっ!!? 指の股はだめぇぇっひっひっひっひっひひっひっひっひ~~!!? ひっかかないでぇぇぇえひひひひひひ!!」

平成
「変化の時代だったのねぇ……」しみじみ

令和
「いひぃいぃっひひ、まっ、土踏まずくりくりしながらしみじみしないでぇぇ~~うひっ、うひひひぃ……!!!」

平成
「これは洗礼よ。令和。明日からあたしの分まで、がんばんなさい……!」

令和
「くぅぅう~~っ……ゆびっ、指とめてぇぇえ、ひひひひっひっひひふにゃぁぁっ」


(完)