○チュナの部屋
 タンクトップにミニスカート、素足のチュナ。トレーナーに短パン、紺色のハイソックス姿のユーミン。並んでベッドの上に腰掛け、カメラに向かう。

チュナ
「こんにちは、こんばんは、おはようございます! チュナです!」

ユーミン
「ユーミンです!」

チュナ
「今日はリスナーさんのリクエストに答えて『足の裏こちょこちょ』に挑戦しようと思います!」

チュナ&ユーミン
「わー」パチパチパチパチパチ

チュナ
「それでは! さっそくやっていきたいと思いまーす!」

 ユーミン、ベッドの上に両足に上げる。一旦あぐらをかいてから、左足をチュナに差し出す。
 チュナ、ユーミンの左足首を掴んで引き寄せ、ソックスを穿いた足の裏へ手を向ける。ユーミンのソックスの裏は白い埃や糸くずで汚れている。

チュナ
「あ、時間とかどうする?」

ユーミン
「うん? ……10秒とか?」

チュナ
「んー、短くない?」

ユーミン
「じゃあ20秒?」

チュナ
「あ、ちょうどいいかも。はい! それでは! 20秒でいきたいと思いまーす! スタート!」

 チュナ、指先をユーミンの足裏へ這わせはじめる。

ユーミン
「きゃはっ」ビクッ

 ユーミンの足の指がぎゅっと縮こまる。

チュナ
「い~ち、に~い、さ~ん、――」サワサワサワ

ユーミン
「ひひひひっ、やぁははははっ」グィッ

チュナ
「わっ、皆さん! 暴れる力が強いです! ろ~く、しーち、――」コチョコチョ

 チュナ、ユーミンの左足首をベッドの上に押さえつけるように固定して、足の裏をくすぐる。

ユーミン
「やははははははは!? やっ、はははははははっ!! や、だっ、ひぃぃぃ~~!!」ブンブン

 ユーミン、両手で顔を覆い、左右に首を振ってもがく。足の指も激しく動いている。

チュナ
「ひひ、こちょこちょ。ユーミン弱いー。じゅう~さん、じゅうし~、――」カリカカリ

ユーミン
「ひはははははは! ながっ、やぁぁっはっはっはっはっはっは!」ジタバタ

 ユーミン両手を振り、右足で地団駄を踏みながら笑う。

チュナ
「じゅうろく~、――へぶっ!? ちょ、蹴るな! じゅう~はち、――」

ユーミン
「きゃははははははははは!!? もうやっ……!!! あぁははっははははははははは!!!」ガタガタバタバタ

チュナ
「はい終了~!」

 チュナ、手を放すと、ユーミン、ベッドに倒れ込んで喘ぐ。

チュナ
「ユーミンさん、感想は?」

ユーミン
「……ひぃ、苦しかった」ムクリ

チュナ
「はい! というわけで! 今日は『足の裏こちょこちょ』のリクエストでした! 最後までご視聴ありがとうございました~!」バイバーイ




2016/06/20に公開
『足の裏こちょこちょ』リクエストに挑戦しました!



コメント数・2

たなか
楽しい動画でした。次は裸足でお願いします。
  ちゅな&ゆーみん
  げげっ、裸足だときつそうですね~。できたらやります!

軽トラのうんちゃん
ユーミンちゃんのすごく反応よかった!
こちょこちょ弱いな~。ほっこりしました。
こんどはチュナちゃんへの仕返しが見たいです!
  ちゅな&ゆーみん
  リクエストありがとうございました!
  仕返しいいですね!
  是非やってやろうと思います。
  明後日ぐらいにアップします!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 君たち、少しは自重しなさい!
 少しだけ続きます。