○学校の教室(夕)
 向かい合わせて縦に並べられた椅子。その上に長座する制服素足のユーミン。両足を椅子の背もたれ部分から突き出し、足首を左右の椅子脚に縄跳びで縛られている。
 ユーミンは少し恥ずかしそうに唇を噛む。
 下からにゅっと制服姿のチュナが顔を出す。

チュナ
「こんにちは、こんばんは、おはようございます! チュナです!」

ユーミン
「……ゆ、ユーミンです」

チュナ
「『足の裏こちょこちょ』第三弾です! 学校の椅子を使えば良いよとアドバイスをいただいたので! 今回は放課後の教室で撮影しています!」パチパチパチパチパチ

ユーミン
「こ、これ、マジで恥ずい……」

チュナ
「ユーミンさん! 動けますか~」ニヤニヤ

ユーミン
「……無理」ギシ

 ユーミン、つきだした両足の指をきゅっと縮こまらせる。土踏まずに皺が寄る。

チュナ
「それでは、……えっと? 正面から撮った方がいいかな。うちがしゃがんで……」ガサゴソ

ユーミン
「ちょっ……そんな下から映すとパンツ見える!!」

 ユーミン、スカートの裾押さえて赤面。

チュナ
「あ、ごめん。……カメラこんぐらいの位置でいっかな! はい! ではさっそくはじめたいと思います!」ワキワキ

ユーミン
「ん……っ」顔背け

チュナ
「こちょこちょ~」

ユーミン
「うはぁぁああっ!!?」ビクビクッ

 チュナ、ユーミンの両足の裏へ爪を立てる。

チュナ
「おおっ! すごい反応!」コチョコチョ

ユーミン
「あぁぁああああっ!!? ははっ、ひはははははははははは!!? だめ、動けなっあぁぁぁあっはっはっはっはっは!!?」ビクビクビクギチギチ

 ユーミン、両手を振り回し、上半身をよじって笑う。
 両足がくねくねとよじれる。
 チュナの指が足の裏を追い回しくすぐる。

ユーミン
「ひあぁぁああっははっははっはっはっは!!! 一旦やめぇぇはぁぁあぁっはっはっはっはっはっは!!!」ガタガタ

チュナ
「あ、ホントだ」ピタッ

ユーミン
「……へ」ケホケホッ

チュナ
「ストップウォッチ忘れてた」

ユーミン
「いっ!?」

チュナ
「はい! 今日からストップウォッチで時間計りまーす! では、スタート!」コチョコチョ

ユーミン
「くきゃっ!!? きゃはははははははははっ!!? ちょあぁああっはっはっははっはっはっは嫌あはははははははは!!!」バタバタバタ

チュナ
「皆さん! すごい足の指が動いてます! よほどくすぐったいのでしょうか!?」カリカリコチョコチョ

ユーミン
「きゃぁぁっはっはっはっはっは!!? なっち……ほんとこれきついぃいひひひひひひひひひひひひ~~!!!」バタバタバタ

チュナ
「昨日のお返しだー、指の付け根もー」クリクリ

ユーミン
「はあははははははははあは、ぜひひひ、絶対今日のがきついからぁぁっははっはっはっはっはっはっは~~!!?」ビタンビタン


――
―――

ユーミン
「ひひ……ふひぃ……」ゼェゼェ

チュナ
「はい! というわけで、今回は『足の裏こちょこちょ』第三弾でした! アドバイスくれたリスナーさん、すごい効き目でしたありがとうございます! 最後までご視聴ありがとうございました!」バイバーイ




2016/06/24に公開
『足の裏こちょこちょ』第三弾です!



コメント数・4

ベネズエラ
おおお!二人とも制服姿かわいいですね!
反応が大きくて楽しいです!
  ちゅな&ゆーみん
  ありがとうございます!
  ちょ~くすぐったかったです(>_<)

たなか
靴下ありと靴下なしでどっちがくすぐったいかやって欲しいです。
  ちゅな&ゆーみん
  わかりました!

軽トラのうんちゃん
まさか学校で収録するとは!最高です!
クラスの別の友だちとかもくすぐってみて欲しいです!
  ちゅな&ゆーみん
  学校収録が意外と好評で嬉しいです(*^_^*)
  別の友だちですか…。頼んでみます!

なかのおーえのおーじ
制服と素足のミスマッチ感がなんか好き
  ちゅな&ゆーみん
  コメントありがとうございます!
  なんか解放感があって良いですよね!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 君たち、少しは自重しなさい!
 少しだけ続きます。