くすぐり作文晒し場

カワイイ女の子の靴下脱がしーの足の裏をコチョコチョしちゃう系小説投稿ブログ! 本番行為は一切無しなので、健全な18歳児でも安心してお楽しみいただけます!

x / f

洗脳アプリがくすぐり奴隷調達のために悪用されているらしい #6

「あ……っ、あぁ……、んぅぅっ、ゆうくんっ。たすけ、てぇっ……」

 優梨は顔を紅潮させ、とろんとした目つきで必死にその刺激に耐えている。
 彼女は必死に勇作の助けを求めているが、勇作は『直立不動』を命じられているため、身動きが取れない。。

「ぶひひ。優梨ちゃん。我慢強いねぇ。ボクはそういう健気な子、大好きだよぉ~」
 おっさんは、絨毯の上で両手足をまっすぐX字に伸ばして動かない優梨の腋を、人差し指でやさしくなで回している。

「んぅぅ……嫌ぁあ……、あたし……、変な……やだぁ……」

 優梨は身もだえするが、決して腕を下ろそうとはしない。
 洗脳アプリで、動けないように命じられているためだ。
「ぶひひ。勇作くん。ガールフレンドが必死に我慢している姿はそそられるよね? よね?」
 おっさんは嫌らしい笑みを勇作に向けた。
 優梨は『くすぐられて笑い声をあげるとくすぐり奴隷に堕ちる』と洗脳アプリで命じられた。
 彼女は最後の理性で、必死に笑い声を上げないようにこらえていたのだ。
 ぷるぷると身体をふるわせてくすぐったさに必死に耐える姿。「助けて……」と喘ぐ優梨。勇作はただ棒立ちして見ていることしかできない。

「やだぁあ……あたし、こわいよ。……あたしが、あたしじゃ、なくなっちゃう……んうぅぅ!」

 おっさんが指を突き立てると、優梨はびくんと身体を仰け反らせる。
 優梨は、目に涙を浮かべ、勇作を見つめる。

「おねがぃ……、ゆう、くん……あたし、こわい……んやぁぁっ!?」

 おっさんが優梨の脇腹をつっついた。
 優梨は、唇を噛みしめて必死に笑いをこらえている。
 涙を流しながら、勇作に訴えかける。

「ひぃ……、んふぅ、いやぁ……あたし、ひぁっ、ゆうくんの、こと、ホントは――」

「勇作くん、『彼女に無駄な努力だって罵ってあげて』よ」 
 おっさんの言葉をうけ、勇作は顔をしかめ、
「優梨。我慢したって無駄だろ。さっさと堕ちちゃえよ。俺はお前なんて嫌いなんだから」

 心にもない言葉が自分の口から出てくる。
 胸の奥が締め付けられるように痛い。
 俺だってホントは優梨のこと……。

 優梨の顔は、くすぐったさを我慢する表情と、悲しみが入り交じってぐしゃぐしゃに歪んでいた。
 優梨が嗚咽を漏らしたのと同時に、おっさんは彼女の脇腹をわしゃわしゃ激しくくすぐった。

「――んぐぅぅううううううううぶはははははははははははははっ!!!?」 

 盛大に吹き出した優梨は、びくんびくん身体を上下に揺らして笑い出した。

「あははははははは嫌ぁあぁああっはっはっはっはっはっはっは!!? 頭があぁあががががばばばばばばばばば!!!」

 顔を真っ赤にして白目を剥いて笑う優梨。
 そして、ひとしきり痙攣が治まると、

「ひぎゃははははっははははは!!! ご主人さまぁあははははははっ!! もっとぉぉぉ、あたしをくしゅぐってぇぇええはっはっはっはっはっははっは~~!!!」

 目にハートを浮かべ、おっさんのくすぐりを求めた。

「ぶひひ。良い子だね。優梨ちゃん。それじゃあ、あそこで突っ立てる甲斐性無しに、お別れしないとねえ?」
 おっさんは勇作を指して言った。

「あはははははははっ!? あんなやつ知らねぇひはははははははっ!!! あたしの身体ぁぁあ、ぜぇぇぇえんぶ、ご主人様のものぉぉおぉ~~~おひょひょひょっ!!!」

 優梨は舌を出して大笑いしながら、勇作から視線を逸らした。
 おっさんは満足そうに笑う。
 優梨の左足からソックスを脱がし取り、勇作に投げた。
「それを『食べろ』」
 勇作は言われるがまま、優梨のソックスを口に入れた。学校から帰ってきて穿き替えてないソックスは少し、すっぱい臭いがした。

 おっさんは、素足になった優梨の足の裏をガリガリ掻きむしりながら、

「ぶひっ。優梨ちゃん。あいつ。君の靴下食べてるよ? どう思う?」

「あひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!? い゛ぃぃひひひいひひ、きもいきもいきもいぃぃぃっひっひっひっひっひ~~!!! こっち見んなぁああははっはははっはっははっは~~!!!」

 優梨は八重歯をむき出しにして、勇作を嘲笑する。
 どうやらおっさんの好みの「くすぐり奴隷」というのは、主人には従順かつ他者を見下し口汚く罵るクズのような人間らしい。
 優梨の口から「きもい」なんて言葉聞いたことがなかった。

「ほらほら。もっとあいつを罵ってごらん。くすぐるのやめちゃうよ?」
 おっさんが優梨の素足をくすぐりながら促す。

「ぎひゃひゃひゃひゃひゃっ!!! こっち見てんなって言ってんだろばーかぁぁはははははははっ!!! なにぃ、本気にした!? ぶひゃひゃひゃひゃっ! あたしがぁあぁあひひひひひ、本気で気があると思ってたのかよぉいぃいひっひひひっひっっひ!!! あんたなんかぁぁあひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっ、……死んじゃえ」

 優梨がいくら口汚く罵っても、勇作は反応することができない。

 視線をずらすと、ソファの上で陽葵と翠月が絵美の裸体を舐めまわしている。陽葵は彼女の腋の下を丁寧にぺろぺろと、翠月は彼女の足の指を音を立ててじゅるじゅると。二人の舌の動きにあわせて絵美は嬌声に近い笑い声を上げている。
 昨日までの平凡な日常はもう存在しない。
 勇作は絶望した。
 それなのに、下腹部が熱くなるのを感じている。
 勇作は、母親が姉と友人に弄ばれ、好きだった幼馴染みがくすぐり犯されている状況を目の当たりにして、勃起していたのだ。

「うひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ、あいつうぅぅひひひひ!? あたしら見てチン○たってやンのぉおぉ゛~~いぃぃっひっひっっひひ!!! きしょぉ゛ぉいぎぃひひひひひひ~~!! 死ねよばぁぁあかぁっひっひっひっひっひ~~!!」

 優梨の罵詈雑言が甲高い笑い声とともに響き渡った。
 好きだったはずの幼馴染みに、指を差され、舌を出して大笑いされる……。自分は勃起を隠すこともできずただ突っ立って見ているだけ……。
 少しでも身体の自由が効くようになれば、優梨の言葉通りすぐにでも死にたいと思った。


(完)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 洗脳アプリで大切な家族がKTRシリーズ! 完結です!

 KTRとか、くすぐり洗脳とか、くすぐり催眠とか、くすぐり調教とか、なんでもいいから流行れ!!




クリックして投票する





洗脳アプリがくすぐり奴隷調達のために悪用されているらしい #5

 勇作は『客を追い払え』という命令を受け、玄関に立った。
 扉を開けると、幼馴染みの土田優梨がいた。彼女とは家が隣り合わせで、家族ぐるみで交流があった。
 優梨は学校から帰ってきたばかりだからか、セーラー服のリボンだけ取った姿だった。髪の毛も解かず、二つくくりのおさげにしたままだ。
「あ、ゆうくん。なんだかずいぶん騒いでるみたいだったから……大丈夫なの?」
 優梨は、翠月や陽葵の激しい笑い声を聞いて、心配になって様子を見に来てくれたのだ。
「大丈夫だよ。優梨。いま、ちょっと立て込んでるから。今日は帰って」
 今回ばかりはおっさんの命令がありがたかった。
 優梨までおっさんの餌食にされるのはたまったものではない。
 すると優梨は、ジトっと流し目で勇作を見やる。
「ゆうくん……なんか隠してない?」
「隠してないよ。今日は帰って」
「ホントに? ……なーんか、怪しいなあ」
「ホントだよ。今日は」
 そんなやり取りをしていると、

「へぇ、勇作くん。そんな可愛いガールフレンドがいたんだねぇ。ぶひひ。ちょっと『黙って』いいよ」

 いつの間にか背後におっさんが立っていた。
 優梨はびっくりしたのか、口をあんぐり開けている。
「え……? ゆうくん? 誰? この人」
 優梨、逃げろ……!
 勇作は心の中で叫んだ。
「ぶひひ。ボクはねぇ、この家の新しいご主人様なんだよ? よかったら君も仲間に加わらない?」
 おっさんがそう言うと、優梨は眉をしかめ、後退る。
「えっ、なに言ってるんですか? 意味がわかんない……」
 露骨に警戒心を示し、勇作に目配せする。しかし、勇作は反応することができない。
 お願い。逃げて。優梨……。
 勇作はただ祈ることしかできない。
 しかし、優梨は勇作の顔色をうかがうばかりで一向に動こうとしない。
 勇作とおっさんを交互に見て「誰?」「誰?」と何度も訊ねた。
 当惑しているようだ。
 そして……、
「ぶひ。これを御覧?」
 おっさんは、硬直する優梨に洗脳アプリの画面を向けた。


(つづく)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 洗脳アプリで大切な家族がKTRシリーズ! 佳境です!

 名前出したキャラは全員くすぐっておきたい!




クリックして投票する





洗脳アプリがくすぐり奴隷調達のために悪用されているらしい #4

「ぎゃはははははははははっ!!? いひゃっはっはっはっはっはっは、いぃぃい゛ぃ゛ぃぃ~~~ぎひひっひひひひひっ!!!」

 椅子に拘束されたままの陽葵は、おっさんにアバラをくすぐられて大笑いしている。
 勇作がくすぐったときの反応とは大違い。
 首を左右にぶんぶんと振り回し、涙を流して喜んでいる。

「ぶひひ。陽葵たんは可愛いなあ」

「あひゃひゃひゃっ、ごひゅじんしゃまひゃぁぁあっはっはっはっはっははっは~~!!!」

 破顔して笑い狂う陽葵。
 小学生の頃からその整った顔立ちは、年下年上関係なく人気があった。
 なんども告白されたらしいが、浮いた話は一度も聞いたことがない。
 明るくて誰にでも分け隔て無く接する絵に描いたような優等生。
 そんな彼女が、嬌声を上げながら笑い悶える姿は、学校の連中が見たら卒倒するかもしれない。

「ぶひ。陽葵たんには、くすぐればくすぐるほどボクのことがもっとも~っと好きなるようにしてあげるよ」

 おっさんはそう言って、洗脳アプリを陽葵の顔の前に持っていった。

「あひぃぃいい゛ぃい゛、あばっ、あばばばばば、ぎぎぎぎっぎぎぎぎいぎいぎいぎぎぃいいい゛!!?」

 陽葵は再び痙攣するように身体を仰け反らせた。
 くすぐられ続けて膀胱が緩んでいたためか、痙攣と同時にスカートの裾からちょろちょろ失禁が起きた。

「あらら、陽葵ちゃん足元まで汚れちゃったねえ。ぶひ」
 おっさんは、陽葵の足元にしゃがみ両足を抱え込み、彼女の尿まみれのソックスを両足とも脱がし取る。
 そして、芋虫のように太い指でボリボリとくすぐり始める。

「うぎぃひぃぃいいい~~っひっひっひっひっひっひ!!!? あがやぁあぁぁぁぁ゛ァだあぁ゛~~~!!!」

 弱点は脇腹あたりのはずだったのに、これまでにない反応を見せた。
 先ほどの洗脳でより敏感になっているようだ。
 陽葵は目を剥いて、鼻の穴を大きく膨らませて奇声を発する。

「陽葵たん。気分はどうかな? ぶひひ」

「あぎゃぁぁあ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛あぁあぁ~~~!!! ごしゅじぃぃぃしゃま゛あぁばばばっばばひゃひゃひゃひゃひゃ!? あがががが、好き過ぎて死んじゃうう゛う゛ひひっひひひひひひひ~~!」

 陽葵は、顔を真っ赤にして、頭上からハートを飛ばす。
 おっさんが爪を立てると、きゅ~っと陽葵の素足の指が縮こまった。

「陽葵たん。指を開いてよ。くすぐりにくいよ」

「はひいい゛っぃい゛い゛っひっひひひいいぃぃっひ、好き好きぃいぎぃぃぎぃぎひひひひひひひひ~~!!! しゅぃぐぎぎぎっぎっひっひっひ」

 陽葵は、壊れたロボットのように「好き」を連呼しながら足指をピンと開いた。
 おっさんは「ぶひひ」と鼻を鳴らして、彼女の足を貪る。

「ぎぎゃぁああ゛あばばばばひゃひゃひゃひゃ、だひぃ゛ぃ゛~~っひっっひ、すぎぃぃ!! しゅきぃ゛ぃひひひひひ~……」

 陽葵の奇声が部屋中に響きわたる。
 勇作はただ姉の壊れていく様子を見つめていることしかできなかった。

 そんなとき、玄関のチャイムが鳴った。


(つづく)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 洗脳アプリで大切な家族がKTRシリーズ!

 くすぐっている最中に感度アップって、書いたことがなかったかも……。
 洗脳アプリってまだまだ可能性を発掘できそうなネタです!

 「陽」と「葵」っていう漢字、ここ数年ずっと名付けランキング上位に入り続けてますね。そろそろ木偏ブームがきそうな予感がします。




クリックして投票する





洗脳アプリがくすぐり奴隷調達のために悪用されているらしい #3

 姉の陽葵と違い、水島翠月は昔から物静かな女の子だった。
 小学生時代からかなりの頻度で遊びに来ていたが、勇作が彼女に抱く印象は変わらない。
 髪型はずっとストレートのミディアムヘア。白いカチューシャは母親から貰ったものらしく、何年も愛用していた。
 服装はいつも控えめで、夏場でも露出の少ない服を好んで着ていた記憶がある。
 だから、そんな彼女が自分からセーラー服の上着とソックスを脱ぎ捨て、知らないおっさんのされるがままにくすぐられバカ笑いしている姿は新鮮だった。

「いきゃははははははははは!!! いぎぃいぃ~~ひひいひっひひひっひひっひっひ!!? あひゃぁああっ、そこがいぃいのぉぉ~~ほほっほっほっほっほ!!」

 翠月は目を剥いて笑っている。
 当然すでにおっさんの洗脳アプリによってくすぐり奴隷にされている。

「ぶひひ。そっか。翠月ちゃんは足の裏が弱々なんだね~」
 おっさんは、彼女の小さな素足をぐりぐりとマッサージするようにくすぐりながら言った。

「あひゃはひひひひひ~~っひひひひっひ、あひぃぃい、あひらぁぁあはっはっはっはっはっはっはあ~~!!!」

 居間のソファの上でくすぐられている翠月。
 勇作は、珍しい翠月のバカ笑い姿に目が離せずにいた。
 すると、げし、とソックスを穿いた足で顔を蹴られた。
「なにぼけっと見てるんだよ。ご主人様に言われただろ? 翠月くすぐってる間に私の弱点見つけとけって! こうして縛られてやってるんだから、さっさとやれよ! 愚図!」
 目の前の陽葵は、普段の明朗快活な性格からは考えられないきつい口調で言った。
 これも、洗脳のせいなのか……。
 陽葵は小さい頃から世話焼きで、勇作の面倒をよく見てくれた。
 姉弟げんかをしても決して手を出すことはなかった。それよりも、勇作と母絵美の親子げんかを仲裁してくれることの方が多かった。
 人を傷つけるような言葉は決して吐かない、自慢の姉だった。
 そんな彼女が人格が変わったように罵詈雑言をまき散らす。
 肘掛け椅子に手首と腰を縛られている陽葵は、おっさんが翠月を優先してくすぐっていることが気に入らないようだった。
「なに黙ってんだよ。お前がさっさと弱点見つけてくれないと、ご主人様が私のことくすぐってくんねーんだよ! やれよ! 早く!」
 陽葵は目を吊り上げて言う。
 勇作は、震える手を、彼女のソックスを穿いた足の裏へ這わせた。
「……っ」
 一瞬ぴくりと彼女の足が震えた。
 しかし、その後さわさわと指先でなぞってみても、陽葵は笑い声を上げない。
「……。へたくそ」
 陽葵は冷たい視線を勇作に向けた。
 勇作はしゅんとして、こんどは彼女の背後に回った。
 腋の下へ手を伸ばす。
「ん……っ」
 触れた瞬間、彼女の肩がびくっと上がった。
 しかし、その後指をいくら動かしても、陽葵は笑い出さない。
「ああっ、もうイライラする!! なんでこんなに下手くそなんだよっ」 
 振り向いて怒鳴る陽葵の表情に、勇作はすくんでしまう。
 姉弟げんかでも見せたことのない剣幕だった。
 勇作はおっさんから『逃げるな』『しゃべるな』という命令しか受けてない。『くすぐれ』という命令を受けていないために、母絵美をくすぐったときのような力が出せないのかもしれない。
「もっとああやって! 指に力込めるんだよ! 見ろよ! ご主人様を! 見て覚えろよ! ボケが!」
 陽葵はつばをまき散らした。
 その先では、

「いひぃぃいっひっひひひひひ、うひゅぃひぎぃぃひいぃい~~~ひゃやひゃひゃひゃひゃひゃひゃっ!!?」

 翠月がのたうち回って笑い転げていた。
 どうやらカチューシャの尖端で、素足の足の裏をごりごりしごくようにくすぐられているためらしかった。
 翠月が母親から貰ったという大切なカチューシャ……。

「ぶひひ。このカチューシャいいねぇ、翠月ちゃん。くすぐりやすいよ~……あ、折れちゃった。ま、いいよね。二本あった方がくすぐりやすいし」
 おっさんは、ずぶずぶ鼻水を鳴らしながら、折れて二つになったカチューシャの尖端で、彼女の両足をくすぐる。

「ぎひゃぁぁあああっははっはっはっはっは、もっどぃいいいいいひひひひひひ!!!! ごしゅじんさまぁあああひゃひゃひゃひゃひゃひゃ~~!!!」

 翠月は、目を剥いて舌を出し、狂ったように嬌声を上げながら失禁した。


(つづく)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 洗脳アプリで大切な家族がKTRシリーズ!

 洗脳モノやNTRモノの魅力の一つ、
 身近な人達が次々と餌食になっていく、しかし、主人公はただ見ていることしかできない、という絶望感を挙げておきたい!
 「見ていることしかできない」という状況を作るために、生放送、幽体離脱、送りつけられるDVDなんていう雛形があるわけですね^p^

 余談ですが、
 伝説のろくろプレイ映画『ゴースト/ニューヨークの幻』の写真立てが倒れる直前のシーンは、ちょうど良い感じの「見ていることしかできない」NTR絶望感が味わえますね。幽体離脱系NTRモノの先駆的な描写なのではないかしら。もっと古いものがあれば教えて欲しい!




クリックして投票する





洗脳アプリがくすぐり奴隷調達のために悪用されているらしい #2

 どうして自分はこんなことをしているのか?

「あははははは!! あはぁあぁあん、勇作ぅっ!! そこいひぃいぃいっひっひひっひひっひひっひいひ~~!!!」

 勇作は、実の母絵美の素足の足の裏を一心不乱にくすぐっていた。
 居間のソファにて。
 絵美は両手足をまっすぐ伸ばして仰向けに寝そべっている。
 おっさんは彼女の二の腕に腰を下ろし腋の下を、勇作は彼女のすねの上に座って足の裏をくすぐっている。
「ぶひひ。勇作くん。なかなか良い手つきじゃないか。ぶひ。その調子でお母さんを喜ばせてあげなさい」
「……はい」
 いやだ! こんな奴に従いたくない!
 頭ではそう悲鳴を上げていても、身体がまったく言うことを聞いてくれなかった。

「きゃははははははは、いひぃぃいっひっひひひっひ~~!!!」

 母絵美の笑い狂う姿を見、自分が彼女をくすぐっている現状を理解し、思わず涙が出る。
「ぶひひひひ。勇作くん、泣いてるじゃないか。いいねぇ。勇作くんには、意識だけそのままボクの命令に絶対服従になるよう洗脳かけたからね。勇作くんはボクには逆らえない。あ、心配しないでね。君のお母さんの絵美ちゃんは、完全に頭の中までとろとろに洗脳しきっちゃってるから。くすぐられて本当に喜んでる。思う存分くすぐってあげてね」
 勇作はおっさんの言葉を聞いて、泣きながら母の足をくすぐりつづけた。

 一時間ほど経って、玄関から扉の開く音が聞こえた。
「ただいまー」
 姉陽葵の声だ。
「お邪魔します」
 次いで、もうひとり女の子の声がした。
 おそらく陽葵の友人である水島翠月(みずみま みつき)。小学生時代からの親友で、勇作も何度か顔を合わせている。
 陽葵は三年生になってから、よく翠月と一緒に受験勉強をしているのだ。
「あれ? お母さん? いないのー? ごめん翠月。ちょっと待ってて」
 陽葵の声が廊下から聞こえてくる。
「ぶひひ。翠月ちゃんていう友達も一緒に連れてきてくれたのか。嬉しいねぇ」
 おっさんは鼻をじゅるじゅる鳴らした。
 陽葵は、翠月を玄関に待たせて、ひとり居間に向かっているようだ
 だめだ。姉ちゃん……。こっちに来ちゃ……。
 ガチャリ。
「えっ?」
 居間の扉をあけた途端、陽葵は固まった。
 母親がソファの上で知らないおっさんに馬乗りにされているのだ。当然の反応だろう。
 陽葵は、子役アイドルのように端正の取れた顔をぽかんとさせている。
 髪の毛はいつものようにピンクのビーズのついたゴムでサイドアップに束ね、中学の制服である黄色リボンのセーラー服、白のクルーソックスという姿である。
「ぶひひ。陽葵ちゃん。生の方がやっぱりかわいいねぇ」
 おっさんは、汚らしくじゅるりと舌を鳴らし、立ち上がった。ゆっくりとスマホを取り出しながら陽葵へ歩み寄る。
 姉ちゃん、お願い……、逃げて。
「やっ……」
 勇作の祈りが通じたのか、陽葵はびくりと後退るモーションを起こした。
「勇作くん。陽葵ちゃんを取り押さえて」
「……はい」
 勇作は、陽葵に飛びつき後ろから抱きついて押さえた。
 姉弟とはいえ体格に差があるため、陽葵は身動きが取れない。
「ゆ、勇作、どうしたの? やめて! はなして! この人だれ!? お母さんに何したの!?」
 陽葵はじたばたもがきながら叫んだ。
 勇作は、泣きながら腕に力を込めて、陽葵を締め上げる。
「痛いっ! 痛いよ、勇作! やめてっ」
 暴れる陽葵の前に経ったおっさんが嫌らしい笑みを浮かべる。
「や、やだ……」
 陽葵は巨漢を目の前にしてすくんでしまった。
「陽葵ちゃん、これをよ~く御覧?」
 おっさんは陽葵の目の前に、洗脳アプリの画面を押しやった。

 だめだ! 姉ちゃん!! それを見たらっ……!

「……えっ。な、なに……あ、あ、あ、あ、ああ、あ、あ、あ、ああ、あ、ああ」

 陽葵の身体が突如激しく痙攣を始め、

「あばばばばわわわわだじわわわわ、ご主人様のくすぐり奴隷いいいいいいぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎっ!!!!」

 奇声を上げて、がくりとうなだれた。
 勇作は涙が抑えられなかった。
 再び顔を上げた陽葵の顔からは恐怖が消え、発熱したようにぽわんとしていた。
 おっさんの顔を見上げると、
「あは、ご主人様ぁ。なんなりと、ご命令をぉ」
 勇作が今まで聞いたことがないような、甘ったるい声を出した。
「よし。お友達の翠月ちゃんもボクが可愛がってあげるからね。二人がかりで、翠月ちゃんをここへ連れておいで」
 おっさんの命令に、
「はぁい」
「……はい」
 目にハートを浮かべて返事する陽葵と、涙をこらえ震える声で返事する勇作。
 二人は駆け足で、玄関で待つ翠月の元へ向かった。


(つづく)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 洗脳アプリで大切な家族がKTRシリーズ! いよいよ始動!

 知ってる人なら知っている。Pixivの『目にハート』タグ!
 目にハートフェチって、だいたい洗脳・催眠フェチと複合してますかね。
 変態洗脳と目にハートは相性が良いと思っております^p^
 こういう露骨なデフォルメ表現大好きなんです……





クリックして投票する





累計PV数
メールフォーム

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ