ストーカー8

玲菜は体操着に着替えさせられ、X字の台に拘束されていた。
手首と足首にはマジックベルトのようなものが巻きつき、玲菜は体の自由を奪われていた。
「・・・・お願い・・・もう、・・・許してください」
玲菜の体力はかなり極限状態だった。
「駄目よ。奈美ちゃんが来るまであと少しだからそれまでは我慢しなさい」
「そ、そんな・・・」
玲菜は力なく返答する。すっかり髪の毛もぼさぼさになり、
何度も泣き笑いをしたせいで顔には涙やよだれの乾いた痕が目立つ。
かの子は玲菜のスニーカーソックスに包まれた足の裏を指でなぞった。
「ふひゃんっ!!?」
玲菜は髪の毛をきちんとポニーテールに結び、授業と同じ格好で臨んでいた。
かの子がボタンを押すと、玲菜の周りをマジックハンドが取り囲む。
「・・・っい、いやっ!!・・・助けて・・やめっ・・」
玲菜は怯えた声を上げるがかの子は無視する。
「じゃぁ玲菜ちゃんの可愛い足は私が直々にくすぐってあげるね」
かの子がさらにボタンを押すとマジックハンドが玲菜の無防備な体をくすぐりはじめる。
「いやっはっはっはっはっはっは、
きゃはははははははははは~~だめぇぇぇぇぇひひひひひひひっひ、
くひひひひっひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!
あぎゃぁぁぁははははははやひゃひゃひゃひゃひゃ」
かの子は玲菜のスニーカーソックスを両足とも脱がし取ると、
玲菜の素足の足の裏を両手でこちょこちょとくすぐった。
「うひひひひひひひひっ!!!!もうっ!!!
もう許してぇぇぇぇへへへへっひひひひひひひひひひひひ」
玲菜の可愛らしい素足がくすぐったそうにごぞごぞとうごめく。
「ほらほらそんなに楽しそうに笑っちゃって、もっと可愛い笑顔を見せてよ」
かの子がリモコンをいじくると、マジックハンドはくすぐりを強めた。
玲菜は腋の下、脇腹、お腹、太もも、膝、ふくらはぎ・・・体中をくすぐられた。
「くひっひひひひひひひひひ!!
あひゃぁっぁははははははっははははははっはははあはっはははは・・・・
やめてぇぇぇへっへへへへえへへへへ」
さらにかの子がポチポチとリモコンをいじると、
マジックハンドが玲菜のハーフパンツを引きずり下ろす。
玲菜のリボンが付いたパンティーが丸見えになった。
「やはっははははははは~だめぇぇへっへへへへへ・・・
変態ぃぃぃぃひひっひひひひいひひひひっひひ」
「あらあら感じちゃったのねぇ~、パンティーが湿っちゃってるわよぉ~」
かの子が意地悪く言うが玲菜に返答する気力は残されていない。
マジックハンドは羽根で玲菜の内またや太ももをくすぐり、
かの子は玲菜の素足をしっかりと持ち、がりがりと存分にくすぐる。
「ぎゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃっ!!!!
ひどいぃひひひひひひひひっあっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃぁ~~」
さらにマジックハンドは玲菜の半そでの体操服もめくり上げ、
内部に侵入して行った。玲菜のパンティーとおそろいのブラジャーも丸見えになる。
「はひゃぁぁぁぁっはははははははっは、
だめだめだめぇぇへへっへへっへっやめてっぇぇぇぇっぇぇぇぇぇぇ
へっへっへひひひひひひひひ」
ハーフパンツはずり下ろされ、シャツは上までまくりあげられ、
玲菜はひどい格好でくすぐられ続けた。

7へ 9へ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここからしょーもないコメント)

 こんばんは。ertです。
 かわいそうな玲菜ちゃん。
 ちなみにこの玲菜ちゃん、『調教くすぐり師の指』に登場する鈴木玲奈とはまったくの別人です。キャラクターも性格も何もかも。漢字も違いますね。
 さて、このお話もいよいよ大詰め。かの子ちゃんの魔の手はいったいどこまで伸びるのでしょうか。

登場キャラクターまとめ
 反町かの子(そりまち かのこ):卓也に関わった娘を擽るストーカー。高校2年生
 村瀬玲菜(むらせ れいな):卓也の妹の小学校時代の親友

>何度も泣き笑いをしたせいで
回数云々よりも、「長時間泣き笑いしたせいで」の方が自然な気がします。


「チキチキ原点回帰! 晒そう僕らの黒歴史!」第八弾・終