くすぐり作文晒し場

カワイイ女の子の靴下脱がしーの足の裏をコチョコチョしちゃう系小説投稿ブログ! 本番行為は一切無しなので、健全な18歳児でも安心してお楽しみいただけます!

東方

パルスィ×勇儀×擽

 酔った勢いだったのだ。

「きゃははははははははっ!! お願いっ、……ひっひっひ!! やめてぇぇぇああっはっはっはっはっはは」

「ほ~れほ~れ。いっつもしけた面してっと幸せが逃げちまうぞ~? かっかっか」

 地底の宴会の席に響き渡る、甲高い悲鳴と高笑い。
 悲鳴のような笑い声を上げているのが水橋パルスィ。高笑いの主が星熊勇儀だ。
 勇儀はパルスィの素足の足の裏をくすぐっていた。
 パルスィは片足を抱え込まれており、ぼこぼこと勇儀の背中を殴りつけている。それでも鬼の力による拘束からは抜け出せない。

 その日、勇儀はいつも以上に飲んでいた。ひとしきり暴れ、楽しんだ。そんな中、ひとりぽつんと座っているパルスィを見つけた。パルスィは誰とも会話せず、つまらなさそうな顔をしていた。勇儀は辛気くさい奴が嫌いだった。そこで、くすぐって無理矢理にでも笑わせてやろうとしたのだ。
 勇儀はパルスィの隣に座ると、いきなり足首を掴んで転ばせ、靴と靴下を脱がし取った。
 嫌がって暴れるパルスィ。止める周囲。そんなことお構いなしに、勇儀はくすぐりはじめたのであった。

「あぁぁあっはっはっははっはっはは!! こんなの嫌ぁああはっははっははは!!」

「何言ってんだ、ヒック……。お前、笑えば可愛いじゃないか」

 酔っ払った勇儀に歯止めは利かなかった。

「きゃぁぁあっはっははっはは!! 恨んでやるっ! 恨んでやるからぁあぁあはっはははははっはははははは!!!」

 パルスィは罵詈雑言をまくし立て、涙を流して笑い続けた。

~~~

 翌朝、勇儀は罪悪感に見舞われた。
 昨夜のことはぼんやりとしか思い出せない。
 しかし、泣くまでパルスィをくすぐりまくったことは覚えている。

「……謝んなきゃなぁ」

 勇儀はパルスィの元を訪れた。
 パルスィは意外にもあたたかく出迎えてくれた。
「おう、パルスィ! 昨日はすまなかったな!」
 出会い頭に謝罪した。パルスィも許したくれたようで、茶とお菓子をご馳走してくれた。
 めっちゃ飲んで、めっちゃ食った。
 13個目のまんじゅうを口に運んだあたりで、勇儀の意識は途絶えた。

~~~

 勇儀が目を覚ますと、体の自由が利かなかった。仰向け大の字に寝そべったまま、両手両足を札で封印されているようだ。

「目が覚めたかしら」

 目の前にパルスィがいた。
 頭が痛い。

「どういうことだ、おい」

 勇儀がたずねると、パルスィは呆れたというような表情を浮かべる。

「あなた、昨日私にしたことを覚えてないのかしら」

「謝ったろ?」

「それで済めば博麗霊夢はいらない。あの程度で許されたと思えるあなたの単細胞さがねたましい……」

 パルスィは勇儀の下駄を脱がせた。

「なにするつもりだ?」

「わからない? あなたが昨日私にやったことへの復讐……」

 言いながらパルスィは両手を勇儀の素足へ近づける。

「復讐って、まさか――」

 その瞬間、勇儀の足の裏へ強烈なくすぐったさが走った。
 パルスィは10本の指で、勇儀の足の裏をくすぐっていた。

「ぶわっはっはっはっはっははっはっはは!! だっはっはっははっは!? なんだこらぁぁぁっはっはっはっはっはっはっははっは!!!」

 勇儀はたまらず笑い出す。

(なんだこのくすぐったさ? たかが足の裏をくすぐられた程度で!)

 勇儀は笑いながら困惑していた。

「さっきあなたが飲んだお茶には睡眠剤、おまんじゅうには感度を高める媚薬を入れていたの」

 パルスィは勇儀の疑問を察したのか、さらりと言った。

「あがぁぁっははっはっははっははっはは!! そんなっ……なんてことをおおおっはっはっはっはっはっははっは!!!」

 あまりのくすぐったさに涙が出てきた。
 勇儀は腹の底から沸き起こる笑いを抑えることができない。

「あんな大勢いる前で、あんなに笑わされて……私は……っ!」

 パルスィは昨夜のことを思い出したのか、わなわなと肩を震わせた。見るからに怒っている。よほど恥ずかしかったらしい。

「絶対に……許さない……」

 パルスィはギリと歯を鳴らすと、爪を立ててガリガリと勇儀の土踏まずを掻きむしった。

「ぐあぁあぁあははははははははははははははは!!!? 爪はっ!! 爪はだめぇぇああははははっはははははははははは!!!」

「やっぱり足の皮膚もごついのね。強めの方が効くみたい」

 パルスィが要領を得てきたのか、時間が経つごとにどんどんくすぐったさが増した。

「いぎゃぁあはあははははははははははは!! もうだあっぁぁあっはっはっははっは!!! 謝るっ! わるがったっつってのにぃぃぃひいひひひひひひひひひっひひひ!!!」

 笑いすぎてお腹が痛い。
 涙まで出てきた。

「口が悪い……やり直し」

「がぁぁはっははっははっははっはは! 悪かったぁぁぁっははっははっはははは!!! わるがったからぁああはっはははっはっはは!!!」

「誠意が感じられない……」

「ふざけんなぁぁああはっはははっはっははははは!!! 足が攣るうううううはっはっっははっはっははっはっは~~!!!」

 勇儀がいくら許しを請うても、パルスィはやめてくれない。
 笑いすぎて、次第に喉がかれてくる。
 そんな勇儀を見て、ニヒルに笑うパルスィ。

(昨日酒の席にいたときより、ずいぶんと楽しそうじゃねえか……)

 勇儀は薄れゆく意識の中で、そんなことを思った。


(完)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 『東方地霊殿@上海アリス幻樂団』より、水橋パルスィさん、星熊勇儀さんです。








くすぐり指が幻想入り 魔理沙編

「霊夢のやつ、こっちの都合もちょっとは考えて欲しいぜ」

 箒にまたがった霧雨魔理沙は独りごちる。
 博麗神社の上空に到着したところだった。
 神社の巫女博麗霊夢から急に呼び出されたのだ。

「まだ見たい本、いくつかあったんだけどなぁ」

 魔理沙はアリス=マーガトロイドの家で本を物色していたところ、使い魔に連絡を受け、引き上げてきたのだ。
 魔理沙が背中に担いだ風呂敷の中には、アリスの留守中に無断で借りた本が10冊ばかり詰まっている。

「……ん? 誰もいないのか?」

 魔理沙は博麗神社の上空を旋回してみる。
 人の気配がない。

「……留守のわけ、ないよな」

 魔理沙は首を傾げながらゆっくりと下降していく。
 と、そのときだった。
 閃光が目の前を覆い、直後、爆音が響く。
 魔理沙は突然のことでまったく対処できなかった。
 地上から砲撃されたのだ。
 魔理沙はもろに弾幕を食らってしまい、焦げた箒、アリスの本、『P』アイテムと共に落下していった。
 薄れゆく意識の中で、魔理沙はアリスに謝罪した。

~~~

 魔理沙が目を開くと、天井が見えた。
 見覚えがある。屋内。
 頭がぼーっとして記憶が曖昧だった。

「え? あれ? たしか、私……、空の上で弾幕に……――!?」

 記憶をたどっている最中に、魔理沙は気がついた。
 自分の腕と足がまったく動かせない。
 仰向け大の字に寝そべったまま体を起こすこともできない。

「な、なんなんだぜ!?」

 両手両足が札で封印されている。
 そこでようやく覚醒する。
 魔理沙がいる場所は博麗神社の中だ。
 そしてこのお札。
 つまり自分を迎撃した人物は――

「あら魔理沙。起きたの?」

 ふすまが開いて、現れた人物。

「霊夢……」

 博麗霊夢が澄ました表情で魔理沙のもとへ歩いてくる。
 魔理沙は霊夢をにらみつけた。

「なんのつもりだよ!? そっちが呼び出しておいていきなり弾幕撃つって、反則――……ひゃぁぁ!!?」

 魔理沙は予期せぬ刺激に、素っ頓狂な声を上げた。
 霊夢は、両手を魔理沙の腋の下に忍ばせていた。

「れ、霊夢、……くふっ!? なにする――」

 魔理沙は最後まで言わせてもらえず、霊夢はこちょこちょと指を動かしはじめる。

「――だやっ!? きゃははははははっ!? な、なにすんだぁぁあっははっはっはっはっはっは!!?」

 わけがわからない。
 魔理沙は自分の置かれた状況が理解できぬまま笑い出した。

「魔理沙。私ね『指でくすぐった相手を虜にする程度の能力』を手に入れたの。だから魔理沙で実験させてもらおうと思って。被験体第二号」

 霊夢は淡々と言う。

「かぁぁっはっはっはっはっは!!? なんだその能力うううっはっはっはっはっはは!! い、意味がぁぁわからひゃぁぁっはっははっはっは~~!!」

 霊夢の指が魔理沙の体を這い回る。
 魔理沙は経験したことのないくすぐったさを感じた。

「私もよ。意味がわからないから、二人ぐらい試せば確信が持てるかなって」

 霊夢はそう言って、魔理沙の服の裾から手を突っ込み、素肌のお腹をくすぐった。

「いぎゃぁぁあっはっはっはっはっはっはっは!!? やめっ!! くすぐったいぃいぃひひひひひひひひひ!!!」

 魔理沙は涙を流して笑った。
 笑いながら混乱した。
 意味が分からない上にあまりにもくだらない能力。
 そんな能力のために、あの博麗霊夢が踊らされているなんて!

 霊夢はいつのまにか魔理沙の足元まで移動していた。

「げほげほっ……! れ、霊夢……! い、いい加減に、目を覚ますんだ、ぜ」

 魔理沙は体が熱くなるのを感じた。
 霊夢が靴を脱がし、ついで、靴下まで脱がし取る。
 霊夢の指がわきわきと晒された素足に迫る。
 そして、気味の悪い感覚を覚えた。

(私……、くすぐられるのを期待している……のか?)

 霊夢の指が魔理沙の足の裏に突き立てられた瞬間、魔理沙は体中に電流が走るような感覚に襲われる。

「ひあぁぁあああっははっははははははははは!!? なんだこりゃぁぁぁあっはっはっははっはっはっはっはっは~~!!!」

 霊夢は爪を立てて、魔理沙の足の皮を掻きむしった。
 足の裏が熱い。
 魔理沙は足指を必死にくねらせた。

 くすぐったさが紛れることはない。

「やめぇぇぇえ霊夢ぅうううひっひっひっひっひっひっひ!!? 死ぬぅうあううあははははははははは!!!」

「魔理沙。意外と綺麗なアーチね。地面に触れない分、このあたりが弱いのかしら」

 霊夢は言いながら、魔理沙の土踏まずをごりごり激しくほじくり返す。

「あひゃぁぁあああそんなにぃぃぃい~~~!!! そんなにぃいやめあぁぁあっはっははっはっはっはっはっは~~!!!」

 魔理沙は泣いていた。
 体中が熱い。
 笑いたくないのに、体の内側から笑いがこみ上げてくる。
 意識したくないのに、足の裏のくすぐったさが脳に直接響いてくる。

「ひあぁぁああっはっはっははっははっははっはは!!!? ふがぁぁあぁあははははあはははあははははは!!?」

 笑い続けるうちに、魔理沙の中で何かが確実に変化していく。書き換えられていくような感覚に襲われる。
 しかし、そんな感覚も、大笑いしているうちに、どうでもよくなっていった。

「――あがぁぁあっはひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃっ!!? もふっ! もっとぉぉ~~~~!! もっと強くやってぐれよぉぉひゃひゃひゃひゃひゃ!!!」

 気がつけば懇願していた。
 霊夢にもっと強くくすぐってもらえるように……。

 ついさっきまで苦痛だったはずのくすぐったさが、快感に感じられる。
 苦痛だった記憶さえ、今に忘れてしまいそうだ。

「これで、二人目ね」

 霊夢の呟きはどうでもよかった。
 ただ、もっと彼女にくすぐって欲しい。
 魔理沙にはそれしか、考えられなくなった。


(完)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 『東方永夜抄@上海アリス幻樂団』より、霧雨魔理沙さんです。










くすぐり紅魔郷6面

レミリア0
レミリア2
レミリア3
レミリア
「あなたは今までに食べたご飯粒の数を覚えているの?」

霊夢「1300ぐらいじゃない?」
霊夢
「1300万粒ぐらいじゃない?」

レミリア4
レミリア
「……へえ。即答できるのね。あいにく、私には、あなたほど食べ物への執着心がないの」

霊夢「この世から出て行ってくれない?」
霊夢
「悪かったわね。貧乏で。あなた、この世から出て行ってくれない?」



・・・


・・・


・・・



レミリア5
レミリア6
レミリア8
レミリア
「ぎえぇぴぃいいいいっひひひっっっひっひっひっひうにゃぁぁあああ!!?」

霊夢「霊夢ちゃんえらい」
霊夢
「これで幻想郷の霧は晴れるわね。一件落着。霊夢ちゃんえらい。お賽銭増えろ」

レミリア7
レミリア9
レミリア
「ひぁあ゛ぁっはっはっは、この私がぁあ、人間に゛い゛ぃ~~~っひひひひひひひひひひひひひひ!!!?」



(完)



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 くすぐり紅魔郷はこれにて完結です。強い霊夢さんが好き。
 レミリアさん、「靴」「靴下」のON/OFF機能搭載モデル探すの苦労しました。
 可愛らしいモデルを提供してくださるモデラー様方に感謝の限りです。

使わせていただいたモデル
・博麗霊夢【不思議の幻想郷】Ver 1.00:フロマージュ様
・神守大二重螺旋スキマVer 1.00:フロマージュ様
・陰陽玉Ver 1.00:フロマージュ様
・制服レミリア・スカーレット ver1.00:クレサト様
・マジックハンド(棒タイプ)ver1.00:たていす様
・紅魔館ロビー風ステージver3.0:フレスベルク様
ありがとうございました!


くすぐり紅魔郷1面
くすぐり紅魔郷2面
くすぐり紅魔郷3面
くすぐり紅魔郷4面
くすぐり紅魔郷5面



くすぐり紅魔郷5面

咲夜0
咲夜1
咲夜
「あー、お掃除が進まない!」

霊夢「しらんがな」
霊夢
「しらんがな」



・・・


・・・


・・・



咲夜2
咲夜
「やははひひひひひひひっ!! くるし……いぃい~~っひっひっひっひっひっひっひ~~!!!」
咲夜3


霊夢「邪魔」
霊夢
「見るからに主人じゃなさそうだから、さっさと笑い死ね。邪魔」

咲夜4
咲夜5
咲夜
「ひゃはははははははははっ!!? 1ボムすら消費させられないなんて、あなた何者おおおぼぼぼぼぼぼ!!?」



(完)



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 せいぎのみこれいむちゃんが、わるいメイドさんのあしのうらをこちょこちょしておしおきするよ! とってもけんぜんだよ!

使わせていただいたモデル
・博麗霊夢【不思議の幻想郷】Ver 1.00:フロマージュ様
・神守大二重螺旋スキマVer 1.00:フロマージュ様
・MikuMikuDance用東方Project「十六夜咲夜」モデルデータVer.2.10 Rev.D:アールビット様
・マジックハンド(棒タイプ)ver1.00:たていす様
・紅魔館ロビー風ステージver3.0:フレスベルク様
ありがとうございました!


くすぐり紅魔郷1面
くすぐり紅魔郷2面
くすぐり紅魔郷3面
くすぐり紅魔郷4面



くすぐり紅魔郷4面

ぱちぇ1
ぱちぇ「ちょっと」
パチュリー
「ちょっと。私の書斎で暴れないで」

霊夢「あなた、ここのご主人?」
霊夢
「あなた、ここの主人?」

ぱちぇ「お嬢様になにか用?」
パチュリー
「お嬢様に何か用?」

霊夢「あなた、ここのご主人?」
霊夢
「そうか、違うのか。じゃあ、死ぬか、道案内するか、選ばせてあげる」



・・・


・・・


・・・



ぱちぇ4
パチュリー
「ひゅひひひいひひひひひひひっ!!?」
ぱちぇ2
ぱちぇ3
パチュリー
「ぎぃひぃっひっぃっぃっひっひ、あひぃぃい゛ぃ!!」

霊夢「ずいぶんと妙な声で笑うのね」
霊夢
「ずいぶん妙な声で笑うのね。さ、窒息する前に主人を出しなさい」

ぱちぇ6
パチュリー
「がひぃい゛い゛ひっひっひっひ……じひひひひ」
ぱちぇ5
パチュリー
「持病のぜんそくがぁあ゛あ゛ぁ゛がががひぎぃいい゛っひっひっひっひっひ~~!!!」



(完)



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 このお話はフィクションだよ! ぜんそくのお友だちをくすぐるのは絶対にダメだぞ! れいむちゃんとの約束だよ!

使わせていただいたモデル
・博麗霊夢【不思議の幻想郷】Ver 1.00:フロマージュ様
・神守大二重螺旋スキマVer 1.00:フロマージュ様
・陰陽玉Ver 1.00:フロマージュ様
・MikuMikuDance用モデルデータパチュリー・ノーレッジVer.0.9:zakoneko様
・マジックハンド(棒タイプ)ver1.00:たていす様
・紅魔館図書館ver1.0版:フレスベルク様
ありがとうございました!


くすぐり紅魔郷1面
くすぐり紅魔郷2面
くすぐり紅魔郷3面



累計PV数
メールフォーム

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ