くすぐり作文晒し場

カワイイ女の子の靴下脱がしーの足の裏をコチョコチョしちゃう系小説投稿ブログ! 本番行為は一切無しなので、健全な18歳児でも安心してお楽しみいただけます!

東方

くすぐり紅魔郷3面

霊夢「道案内しなさい」
霊夢
「道案内しなさい」

美鈴1
美鈴
「なんなんのよいきなり。私は普通の人よ」

霊夢「普通の人なら私のために働きなさい」
霊夢
「普通の人なら私のためにはたらきなさい」

美鈴2
美鈴
「どういう教育受けたらそういう発想になるの」



・・・


・・・


・・・



美鈴3
美鈴
「あはははははははっ!?」

美鈴4
美鈴4-2
美鈴
「なんならぁあああっはっはっはっはっはっはっは~~!」

霊夢「道案内よろしく」
霊夢
「普通の人は普通の人って自己紹介しない。あなた、館の関係者でしょ? 道案内よろしく」

美鈴5
美鈴6
美鈴
「あっはっははっは、すみませんお嬢さまぁぁあああっひゃっひゃひゃっひゃっひゃ~~!!!」



(完)



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 れいむちゃんが、わるいようかいをこちょこちょでたいじするよ! かどなぼうりょくびょうしゃやこうぞくりょうじょにはんするびょうしゃのない、とってもけんぜんなおはなしだよ!

使わせていただいたモデル
・博麗霊夢【不思議の幻想郷】Ver 1.00:フロマージュ様
・神守大二重螺旋スキマVer 1.00:フロマージュ様
・陰陽玉Ver 1.00:フロマージュ様
・MikuMikuDance用東方Project「紅美鈴」モデルデータVer.2.00 Rev.B:アールビット様
・マジックハンド(棒タイプ)ver1.00:たていす様
・MMD用ステージ紅魔館:フレスベルク様
ありがとうございました!


くすぐり紅魔郷1面
くすぐり紅魔郷2面



くすぐり紅魔郷2面

チルノ1
霊夢「死にたいの?」
霊夢
「なに? 通せんぼ? 死にたいの?」

チルノ2
チルノ
「あたいったら最強ね!」

霊夢「馬鹿しかいないの?」
霊夢
「……(1、2面って足りない子しかいないのかしら?)」



・・・


・・・


・・・



チルノ3
チルノ
「おぼっ!!? おう゛ぉほほほほほほほほほっ!!?」

チルノ4
チルノ
「いぎぃぃいっひひっひっっひっひっひ~~!!!」

霊夢「馬鹿なの?」
霊夢
「なに? 最強じゃ無かったの? 馬鹿なの?」

チルノ5

チルノ6
チルノ
「ぎゃはははははははっ!! ばかにしゅるにゃぁああああっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ~~!!?」



(完)



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 1面を作ると2面も作りたくなる不思議。そして2面を作ると3面も作りたくなる不思議。

使わせていただいたモデル
・博麗霊夢【不思議の幻想郷】Ver 1.00:フロマージュ様
・神守大二重螺旋スキマVer 1.00:フロマージュ様
・えと式チルノver1.02:えと様
・マジックハンド(棒タイプ)ver1.00:たていす様
・MMD用ステージ紅魔館:フレスベルク様
ありがとうございました!


くすぐり紅魔郷1面



くすぐり紅魔郷1面

霊夢「邪魔するなら殺すわよ」
霊夢
「なにあんた、邪魔する気? 殺すわよ?」

ルーミア「そーなのかー」
ルーミア
「そーなのかー」

霊夢舌打ち
霊夢
「……」



・・・


・・・


・・・



ルーミア笑い1

ルーミア笑い2
ルーミア
「にゃはははははははははは!!? やめぇぇへぇえええっへっへへっへっへへっへ!!!」

霊夢の捨て台詞
霊夢
「弱いくせに私にたてつくからよ。自業自得。笑い死ね」

ルーミア笑い3

ルーミア笑い4
ルーミア
「や゛あ゛ぁ゛あ゛ああははははははっ!!! だう゛ぇぇえ゛ぇええへへひえ゛ぇっへっへっへへっへ~~!!!」



(完)



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 なんとなく東方MMDでゆるい四コマ漫画風味なくすぐりモノを作れないかしらと思って1面のみ試作してみました。思ったよりも時間がかかってしまって(´・ω・`)ショボーン

使わせていただいたモデル
・博麗霊夢【不思議の幻想郷】Ver 1.00:フロマージュ様
・神守大二重螺旋スキマVer 1.00:フロマージュ様
・陰陽玉Ver 1.00:フロマージュ様
・ルーミアモデルver2.01:クレサト様
・マジックハンド(棒タイプ)ver1.00:たていす様
・MMD用ステージ紅魔館:フレスベルク様
ありがとうございました!



くすぐりボルボックが幻想入り #29

29

 マヨヒガ。

霊夢
「くすぐりボルボック?」

阿求
「はい、日本神話上の妖怪で、笑いの神が生み出したとされています。くすぐりボルボックとヤマトの神々との大戦は、千五百年ほど前までは口承文学として存在していたらしいのですが、それも途絶え、現代では個人編纂の古文書の一部にほんの少し情報が残っている程度です。よほどの長寿妖怪かマニアでないと、存在すら知らない妖怪でしょう」

魔理沙
「神話なのに、くすぐりボルボックって洋風な名前なんだな」

阿求
「……。……そのくすぐりボルボックですが『父なる力によりて封ぜられき』という一文でくくられています」

魔理沙
「あ、そこ触れるのタブーですか。りょーかいデース」

霊夢
「『父なる力』……抽象的ね。でも、その正体さえ掴めれば、勝機があるわね」


「ええ。それは、遙か昔から外の世界に存在し、かつ未だ幻想入りしていない力」

霊夢
「そんなもの、ある?」


「……わからない?」

霊夢
「うん?」

阿求
「いにしえより天変地異は神の力によってもたらされているものと伝えられています。自然を司るそれぞれの神にはもちろん性別がありまして……」

魔理沙
「……ああ、父って」


「幻想郷にない最も大きな外の力……。私がスキマを作るから、霊夢は端を持って引っ張ってくれる? あなたぐらいの能力がないと、幻想郷中の空は覆えないから」

霊夢
「待って。私だけピンと来てないんだけど……」

・・・

 幻想郷全域が大雨に見舞われる。
 雨に打たれくすぐりボルボックは断末魔を上げ、しなびてゆく。
 次々と解放される妖怪達。

・・・

霊夢
「うん、しょっぱい……なるほどね。遙か昔から外の世界にあって幻想入りし得ない力……海の力、ね。ただ海が父性ってあんまりピンとこないんだけど」

魔理沙
「海を治めるよう命じられた素戔嗚尊だっけ、が男神ってこと由来らしいぜ……よく知らないけど。こんなに広いスキマ作って、外の世界の海底と繋げるなんて、スキマ妖怪様々だな」

 霊夢、スキマの端を持って広げながら、下界の様子を眺め、ため息をつく。

霊夢
「……異変が起きたら、まずは阿求か紫から情報仕入れろって教訓ね」



(完)



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 ト書きシリーズこれにて完結です!
 「触手系モンスターの弱点が海水」というネタを幻想入りさせたくて書き始めたら結構の量になってしまいました。お付き合いありがとうございました。


最初からやり直す


         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29










くすぐりボルボックが幻想入り #28

28

 霧の湖。河口付近。

チルノ
「ぎゃぁぁあぁああ゛あ゛ははははははははあばばばばばばばば!!!」

大妖精
「だっひゃっひゃっひゃひゃっひゃひゃふぎゃぁ゛ぁぁ゛あああ゛~!!」

 チルノと大妖精が、触手に体中をこねくり回され笑い転げている。

 そんな二人を傍目に、霊夢と魔理沙あり。
 魔理沙、カプセルから取り出した紙片を眺め、悔しそうに顔をしかめる。

魔理沙
「にとりもやられちまったか……あいつが無事ならこっちの戦力もまだなんとかなると思ったんだけどな……」

霊夢
「それでも、彼女が残してくれた情報はありがたいわ。幻想郷の攻撃がすべて効かないとなると――」

魔理沙
「外の世界の武器か……香霖堂にあるかな」

霊夢
「いや、外の世界と幻想郷の事情を確実に把握してる阿求のところへ行きましょう。ていうか、香霖堂にはあんまり今は行きたくないというか……」

魔理沙
「ん? なんでだ?」

霊夢
「想像して。もし香霖堂があの藻に襲われていたら……」

魔理沙
「……ああ。たしかに、こーりんの濡れ場は……っ///」

霊夢
「なんでちょっと顔赤らめてるのよ」

魔理沙
「いやいやっ! 賢明な判断だと思うぜ! ……人間の里か。稗田阿求、無事だといいけどな」


「心配には及ばないわ」

魔理沙
「うぉう!?」

 空間に亀裂が走り、ひょっこりと紫が顔を出す。

霊夢
「あら紫、いいところに」


「稗田阿求は保護したわ。私もこれを見つけたからね」

 紫、懐からガチャガチャカプセルを取り出す。


「この遺言のおかげで、稗田阿求の救出こそがこの異変解決の肝であることが判明。一手遅れていれば、稗田阿求が奴らに吸収されて、幻想郷は壊滅していたでしょうね。河童様々よ……。そして霊夢。あなたが無事でいてくれてよかった。マヨヒガにいらっしゃい。あそこなら特殊な結界が張ってあるから安全よ」

魔理沙
「『マヨヒガ』って書いて『まよいが』って読むんだZE☆」



(つづく)



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ここから作者コメント)

 こんばんは。ertです。
 ト書きシリーズ連載中です!


最初からやり直す







累計PV数
メールフォーム

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ